安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明治維新

明治維新 6

明治維新

ペリー来航から西南戦争までを政治の動きを中心に叙述。さまざまな立場に立つ勢力が近代国家樹立のため争った様相を、新視点で描く。

著者 青山 忠正
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本近世の歴史
出版年月日 2012/10/25
ISBN 9784642064347
判型・ページ数 4-6・308ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

近世から近代へ―プロローグ/世界体系への参入(ペリー来航と和親条約〈浦賀沖の応酬/阿部政権の対外方針/来航時の対応と国書受領/再来に備えて/プチャーチンの長崎来航/ペリー再来と交渉/条約書面の交換/アメリカ・イギリス・ロシアとの条約〉以下細目略/通商条約をめぐる紛糾)/戦略論としての奉勅攘夷(分裂する「公儀」/将軍上洛)/日本国政府の創出と公議(国事審議と対外方針の推移/外交関係の確定と日本国政府)/国家機構の整備と大名領主の解消(太政官制の成立/全国の完全直轄地化)/近代化政策の進展と反動(岩倉使節団と征韓論政変/大久保政権と西南戦争)/維新の語り―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

徳川将軍を頂点とした大名領主による支配体制が解消され、明治政府による全国統治の体制が成立する時代。1853年のペリー来航から、1877年の西南戦争までを対象に、政治の動きを中心に叙述する。通商条約の解釈と運用をめぐる対立など、さまざまな立場に立つ勢力が、近代国家の樹立をめざして争った様相を、新たな視点から描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

維新と開化

維新と開化 1

新政府はいかに近代国家を目指したのか

著者:奥田 晴樹
 
三条実美

三条実美

知られざる個性に迫る、戦後初の伝記

著者:刑部 芳則
 
 
大久保利通と東アジア

大久保利通と東アジア 419

“大久保政権”がめざしたものとは?

著者:勝田 政治
 
開国と条約締結

開国と条約締結 70

“大号令”を再検証し幕末の対外政策を解明

著者:麓 慎一
 
 
新しい江戸時代が見えてくる

新しい江戸時代が見えてくる

265年の歴史を今日的視点から見直す

著者:大石 学
 
和親条約と日蘭関係

和親条約と日蘭関係

和親条約成立の過程を日蘭関係に着目し追究

著者:西澤 美穂子
 
 
幕長戦争

幕長戦争 69

幕府軍を破った長州藩の勝因を総合的に解明

著者:三宅 紹宣
 
明治維新

明治維新 6

黒船来航から西南戦争まで、新視点で描く

著者:青山 忠正
 
 
田沼時代

田沼時代 4

新たな文化が開花した時代の光と影を描く

著者:藤田 覚
 
綱吉と吉宗

綱吉と吉宗 3

老中を信用できなかった養子将軍たちの政治

著者:深井 雅海
 
 
将軍権力の確立

将軍権力の確立 2

幕府の基本構造が創られた家光~家綱期

著者:杣田 善雄
 
天下人の時代

天下人の時代 1

“近世”のはじまりに迫った最新通史

著者:藤井 讓治
 
 
明治維新と国家形成

明治維新と国家形成

明治維新の様相を新視角に立ち究明

著者:青山 忠正
 
明治維新と文明開化

明治維新と文明開化 21

大変革期の中、政治や社会はどう動いたか

著者:松尾 正人
 
 
開国と幕末の動乱

開国と幕末の動乱 20

さまざまな視点から描く近代日本誕生の諸相

著者:井上 勲
 
 

このページのトップへ