安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 首都防空網と〈空都〉多摩

首都防空網と〈空都〉多摩 358

首都防空網と〈空都〉多摩

B29の東京空襲は多摩から始まった…。織物の町から防空軍事都市へ。誕生から消滅、復興までの、〈空都〉多摩の知られざる歴史。

著者 鈴木 芳行
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2012/11/20
ISBN 9784642057585
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

本格的空襲の最初は多摩―プロローグ/〈空都〉多摩を考える(〈空都〉とは何か?/〈空都〉多摩の成立)/多摩の防空軍事施設と航空機会社工場(集積される防空軍事施設/進出する航空機会社工場)/〈空都〉多摩の形成(織物業から航空機産業へ―変動する生産構造/東京都制に編入された多摩)/首都防空網と多摩の空襲(首都防空網の成立/多摩の空襲/多摩の空襲犠牲者と占領軍進駐)/〈空都〉多摩の行方―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

昭和戦前・戦中期、多くの防空軍事施設や航空機工場が存在し、国内有数の〈空都〉だった多摩。武蔵野の一大織物産地から首都防空網の要となった多摩は、米軍の日本本土への本格的な戦略爆撃における最初の標的となった。〈空都〉多摩の誕生と消滅、空襲の惨状、戦後の復興とまちづくりまで「産業と都市」をキーワードに多摩の近代史をひも解く。

このページのトップへ

関連書籍

帝都防衛

帝都防衛 452

災害とその対策からみえてくる社会の姿とは

著者:土田 宏成
 
軍都としての帝都

軍都としての帝都 2

絶えず軍事化する近代日本最大の軍都の実態

著者:荒川 章二
 
 

このページのトップへ