安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 漢字の社会史

漢字の社会史

東洋文明を支えた文字の三千年

漢字の社会史

〝漢字〟抜きには語れない、日本人の言語生活・文字文化! その成立から現在までの歴史を、豊富なエピソードを交えながら解明する。

著者 阿辻 哲次
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2012/12/10
ISBN 9784642063890
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/文字と古代国家(神聖な文字〈文明を伝播させる乗り物/世界最古のシュメール文字/漢字誕生をめぐる蒼頡造字伝説/文化英雄としての蒼頡〉以下細目略/記録の素材と内容/記録の方法)/国家と行政と文字(国家統一書体の完成/行政の現場から/記録素材の変化―竹から紙へ)/規範の確立(紙の登場と印刷の時代/王義之の果たした役割―書家と文字規範/漢字教育の歩み/漢字の字形の整理―『干禄字書』/印刷のはじまりとその影響)/東アジアの文字事情(漢字を媒介とした文化圏/古代日本と漢字/文字と外交)/終章 二十一世紀と漢字/補論(新常用漢字表のあり方について/シンニョウの点の数をめぐって)

このページのトップへ

内容説明

漢字は中国語を表記する文字でありながら、今日まで日本人の言語生活・文字文化に絶大な影響を与え続ける。漢字への人間の関わりを軸に、成立から現在までの漢字の歴史を、豊富なエピソードを交えながら述べた名著。

このページのトップへ

関連書籍

歴史的仮名遣い

歴史的仮名遣い

旧かなづかいを理解するための格好の手引き

著者:築島 裕
 
古事記の文字世界

古事記の文字世界

現代論理とは異なる固有の論理と構造を解明

著者:矢嶋 泉
 
 
発掘文字が語る 古代王権と列島社会

発掘文字が語る 古代王権と列島社会

鉄刀銘文・木簡などを通して実像を描き出す

著者:狩野 久
 
日本古代の文字と表記

日本古代の文字と表記

漢字受容と伝来を探り古代日本語の実態解明

著者:沖森 卓也
 
 
文字表現の獲得

文字表現の獲得 5

古事記、万葉仮名。文字が伝えた日本の言葉

 
神仏と文字

神仏と文字 4

呪符・墓碑・経典。文字が繋いだ神仏と人間

 
 
流通と文字

流通と文字 3

出納帳、借金証文。文字が動かした古代経済

 
出土文字資料の新展開

出土文字資料の新展開 4

文献史学と歴史資料学の視点から解き明かす

 
 
支配と文字

支配と文字 1

鉄剣、鏡、木簡。文字が広めた古代の権威

 
昭和を騒がせた漢字たち

昭和を騒がせた漢字たち 241

制定された「当用漢字」をめぐる事件の数々

著者:円満字 二郎
 
 
世界の文字の図典 普及版

世界の文字の図典 普及版

古今東西の文字を網羅。待望の普及版

 
 

このページのトップへ