安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代の国家と造営事業

日本古代の国家と造営事業

日本古代の国家と造営事業

古代日本では、なぜ宮都や寺社などの大規模な造営事業が繰り返し行われたのか。宮都造営や技術労働の実態を検証し、意義を検討する。

著者 十川 陽一
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2012/12/06
ISBN 9784642046022
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章/Ⅰ 日本古代の宮都造営(八世紀の宮都造営―唐制との比較を通じて―〈唐将作監と木工寮/造宮省の職掌/宮都造営における官人補任/律令国家における宮都造営〉/唐将作監の歴史的位置〈歴代王朝の将作と唐将作監/唐将作監の造営対象〉/日唐営繕令の構造と特質〈天聖営繕令について/復原3・4について/復原12・13について/日本令について〉/日本古代の宮都造営の特質〈宮都造営事業の性格/造営時の労働力徴発/日本令における雑徭/宮都造営と人心〉以下細目略)/Ⅱ 造営事業と技術労働(八世紀の木工寮と木工支配/奈良時代の「所」と「大夫」―工人集団展開の一断面―/律令制下の技術労働力―日唐における徴発規定をめぐって―/石川氏と造営事業/内匠寮について)/終章 律令国家と造営事業

このページのトップへ

内容説明

古代日本では、なぜ宮都や寺社などの大規模な造営事業が繰り返し行われたのか。八世紀を中心とした宮都の造営や、技術労働の実態を具体的に検証し、その歴史的役割・意義を検討。官司制を含めた律令法体系を素材として、北宋天聖令を用いた日唐の規定の比較などから、日本古代国家における造営事業の位置づけを図り、律令国家の特質を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

古代地方寺院の造営と景観

古代地方寺院の造営と景観

地方社会のなかでの寺院の多様性を探る

著者:梶原 義実
 
古代宮都の内裏構造

古代宮都の内裏構造

考古学と文献史料の研究成果から構造を分析

著者:橋本 義則
 
 
飛鳥から藤原京へ

飛鳥から藤原京へ 1

宮都や寺院にみる、国家の始まりと文明開化

著者:木下 正史
佐藤 信
 
恒久の都 平安京

恒久の都 平安京 3

千年の歴史を誇る京の都はいかに誕生したか

 
 
平城京の時代

平城京の時代 2

首都・仏都・国際都市…。古都奈良のすべて

著者:田辺 征夫
佐藤 信
 
古代を考える 宮都発掘

古代を考える 宮都発掘

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:坪井 清足
 
 

このページのトップへ