安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大戦間期の対中国文化外交

大戦間期の対中国文化外交

外務省記録にみる政策決定過程

大戦間期の対中国文化外交

平和的な「新外交」へ日本はどう転換したか。「対支文化事業」への外務省の対応を分析。対中国文化外交政策の意義と特質を解明する。

著者 熊本 史雄
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
外国歴史 > 東洋史
出版年月日 2013/01/22
ISBN 9784642038188
判型・ページ数 A5・362ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

凡例/序章 課題と方法/第一次大戦末期の外交課題(第一次大戦末期の対中国政策/「新外交」理念の受容/文化外交論の浮上)/「対支文化事業」の創出(対米協調のなかの対中国政策/情報部の設置と公表外交の推進/亜細亜局の設置と在華鉄道権益/「新外交」としての「対支文化事業」)/文化事業部の独立と対中国文化外交(文化事業部の独立/東方会議の開催と亜細亜局/革命外交への対応と文化事業部/「対支文化事業」の変質)/文化外交の転換と「東亜」概念の登場(文化外交理念の動揺と公表外交/「対満文化事業」の開始/「東亜」概念の登場と東亜局/華北経済開発策としての「対支文化事業」)/日中戦争の勃発と対中国文化外交のゆくえ(興亜院設置問題と外務省/文化外交理念の破綻/対中国政策決定過程の変化/「対支文化事業」の分化と「新外交」の結実)/終章 成果と残された課題

このページのトップへ

内容説明

「ワシントン体制」を焦点に描かれてきた第一次~第二次大戦間期の国際関係。米国が提唱した平和的な「新外交」への転換という課題に対し、日本はどのように取り組んだのか。「対支文化事業」の立案・施行過程における外務省の組織的対応を、史料学的アプローチを用いて分析。対中国文化外交政策の意義と特質を解き明かし、従来の外交史像を見直す。

このページのトップへ

関連書籍

近代化する日本

近代化する日本 7

「開港」後の日本と世界のかかわりを描く

 
人物で読む近代日本外交史

人物で読む近代日本外交史

外交官・政治家ら19名の栄光と苦悩の歴史

 
 
満洲国と国際連盟

満洲国と国際連盟

日本は満洲国に運命を賭け戦争への道を拓く

著者:臼井 勝美
 
 

このページのトップへ