安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 国分寺の創建

国分寺の創建

組織・技術編

国分寺の創建

創建期に焦点をあて、造営組織や塔の建築、瓦作成の技術などを解明。古代史学・考古学・建築史学などの最新研究の到達点を集大成。

著者 須田 勉
佐藤 信
ジャンル 日本歴史 > 古代史
考古学 > 発掘調査・報告集
出版年月日 2013/01/25
ISBN 9784642024884
判型・ページ数 B5・462ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序…須田 勉・佐藤 信/国分寺造営の組織・技術(国分寺造営の諸段階―考古学から―…須田 勉/国分寺造営の諸段階―文献史学から―…川尻秋生/国分寺と官衙…大橋泰夫/七重塔の構造と意匠…箱崎和久/国分寺と造瓦…梶原義実/国分寺と木簡―但馬国分寺木簡を中心に―…市 大樹/国分寺と定額寺―国分寺創建期を中心として―…荒井秀規/上野・下野・信濃国分寺の創建期の瓦生産…髙井佳弘/国分寺と文字瓦の生産…山路直充/国分寺と窯業生産…菱田哲郎/国分寺の造営と在地社会…佐藤 信)/発掘調査の成果(上総国分寺…須田 勉・櫻井敦史/武蔵国分寺…有吉重蔵・中道 誠/甲斐国分寺…猪俣喜彦・瀬田正明・小淵忠秋/伊勢国分寺…新田 剛/相模国分寺…河野一也・須田 誠・向原崇英・浅井 希/あとがき…須田 勉・佐藤 信

このページのトップへ

内容説明

国分寺の研究は、古代の歴史・文化を考える上で不可欠の主題として、古代史学・考古学や建築史学など多分野から重視されてきた。国分寺の創建をめぐり、寺院・造営組織や塔の建築、瓦作成などの技術について最新の研究成果を集成。また近年発掘調査が進む伊勢・甲斐・相模・上総・武蔵などの国分寺の最新成果も収め、研究の到達点を提示する。

第1回住田古瓦-考古学研究奨励賞受賞!

このページのトップへ

関連書籍

坂東の成立

坂東の成立 2

従属か、自立か―。王権との関係性を描く

著者:川尻 秋生
 
国分寺の誕生

国分寺の誕生 430

発掘調査からわかる造営の実態と思想

著者:須田 勉
 
 
奈良時代建築の造営体制と維持管理

奈良時代建築の造営体制と維持管理

維持管理という新概念を導入し建築史を再考

著者:海野 聡
 
国分寺の創建

国分寺の創建

最新の成果で総合的に解き明かした決定版

著者:須田 勉
佐藤 信
 
 

このページのトップへ