安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 「大東亜共栄圏」の経済構想

「大東亜共栄圏」の経済構想

圏内産業と大東亜建設審議会

「大東亜共栄圏」の経済構想

企画院・商工省・陸海軍などの思惑が絡みあう、審議会の答申とその作成過程を分析。「大東亜共栄圏」構想の経済的側面を解き明かす。

著者 安達 宏昭
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2013/02/26
ISBN 9784642038201
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

凡例/序章 本書の課題と大東亜建設審議会の概要/Ⅰ 開戦直後の「経済建設」構想(企画院の構想〈開戦直後の長期構想の立案/日下藤吾の「大東亜国土計画」構想/企画院構想の政策的背景と問題点〉/商工省の対応と「大東亜経済建設基本方策」の審議決定〈商工省案の特徴/商工省案の政策的背景/第四部会答申案の形成過程〉/定まらない「経済建設」構想―第五部会の活動を中心に〈第五部会の設置/産業配置の動向/統制の方法/主要産業の開発計画/各所での計画立案〉以下細目略/農産物配置構想の立案―食糧政策を中心に/補章 国策研究会の経済圏構想)/Ⅱ 「決戦体制」下の具体的方策(繊維原料増産方策の検討―第一一部会の棉花をめぐる活動を中心に/鉱産資源増産の検討―第九部会の活動)/終章 戦時下の経済圏構想と帝国日本

このページのトップへ

内容説明

アジア太平洋戦争開始後、日本の施策対象範囲は「大東亜」全域へ拡大した。英米からの輸出入が停止し、大きく変化した内外の状況に対応すべく、大東亜建設審議会が開催され、新たな経済圏設定が検討された。企画院・商工省・陸海軍などの思惑が絡みあう、審議会の答申とその作成過程を分析し、戦時下の「大東亜共栄圏」構想の経済的側面を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
日中戦争と大陸経済建設

日中戦争と大陸経済建設

占領地の経済開発や総力戦の実態を検証

著者:白木沢 旭児
 
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 

このページのトップへ