安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 永青文庫叢書 細川家文書 絵図・地図・指図編Ⅱ

永青文庫叢書 細川家文書 絵図・地図・指図編Ⅱ

永青文庫叢書 細川家文書 絵図・地図・指図編Ⅱ

「江戸幕府の成立と領国支配」をテーマに、細川家伝来の膨大な資料から、合戦絵図、国絵図など203点を精選しオールカラーで掲載。

著者 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 永青文庫叢書
出版年月日 2013/02/25
ISBN 9784642014144
判型・ページ数 A4・292ページ
定価 本体22,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序文…蒲島郁夫/例言/図版編(江戸幕府の成立〈合戦絵図〉/領国〈国絵図/櫨場絵図/新地絵図/災害絵図/鷹場絵図/明治の県図/全国絵図〉/参勤交代〈街道絵図/江戸町絵図〉/鎖国〈島原の乱図/外国船来航図/長州戦争図/世界地図〉)/解説編(永青文庫所蔵の「絵図・地図・指図」―江戸幕府の成立と領国支配…北野隆/「絵図・地図・指図」資料群の構成と旧管理記号・蔵書印…藤本豊治)/跋文…甲元眞之/収録史料目録

このページのトップへ

内容説明

「江戸幕府の成立と領国支配」をテーマに、細川家伝来の膨大な資料から203点を精選。幕府成立までの合戦を描いた絵図、武家大名による統治のための国絵図のほか、参勤交代や鎖国制度に関わる街道絵図・外国船来航図・世界地図などをオールカラーで掲載。近世の肥後からみた日本の様相が示される。既刊Ⅰと併せ細川家への理解がいっそう深まる。

【編集者の眼】
 旧熊本藩主細川家に伝来した文化財のコレクションから、貴重な絵図などを集成したのが、この「絵図・地図・指図編」である。
 戦乱の世をへて江戸幕府が成立し、幕府と主従関係を結んだ武家大名に領地が与えられ(細川氏の場合は肥後)、参勤交代が行なわれ、鎖国などの諸制度が定められた。Ⅱでは、これら「江戸幕府の成立と領国支配」をテーマに203点の図が選ばれている。「景観と建築」をとりあげたⅠと同様に、今回もオールカラーで図版を掲載。
 鎖国によって交易が制限されていた江戸時代、長崎で司(し)馬(ば)江(こう)漢(かん)が蘭書から写したという「地球分図」(1811年)などは、いま見てもユニークで、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど各国にわたる風俗が目をひく。けっして実物を目にできなかったであろう当時の日本で、描かれた音楽、踊り、衣服などがどのように受け止められたのだろうか、興味が尽きない。(蟹)

このページのトップへ

関連書籍

日本近世の領国地域社会

日本近世の領国地域社会

200年以上の展開過程を追究する

 
 
永青文庫叢書 細川家文書 近世初期編

永青文庫叢書 細川家文書 近世初期編

元和7年以降の発給文書など261点を収録

 
 
永青文庫叢書 細川家文書 中世編

永青文庫叢書 細川家文書 中世編

細川家一門の室町期文書260点を完全収録

 
細川家の歴史資料と書籍

細川家の歴史資料と書籍

歴史学と文学の両分野から総合的に分析する

著者:森 正人
稲葉 継陽
 
 

このページのトップへ