安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 東国武士団と鎌倉幕府

東国武士団と鎌倉幕府 2

東国武士団と鎌倉幕府

京都の政治権力と結びつく東国武士たちのネットワーク。その鎌倉幕府成立後の変容と、列島を結ぶ交通体系の展開を浮き彫りにする。

著者 高橋 一樹
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 動乱の東国史
出版年月日 2013/02/18
ISBN 9784642064415
判型・ページ数 4-6・308ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

変わる東国武士像―プロローグ/治承の挙兵(中世東国へのまなざし/東西交通の展開/三つの挙兵/コラム 頼朝の伝説と史跡)/天下三分の克服(ひろがる戦火/反乱軍の拡張/東山道をめぐる対決/京都での抗争/コラム 斎藤実盛の子孫たち)/東国の軍事制圧(南関東から北陸へ/源平合戦/奥州への道/奥羽合戦/コラム 板額御前の半生)/東国のかたち(鎌倉からのびる道/北条氏の成長/承久の乱/執権政治/コラム 東国に残る運慶作のブランド仏)/都市鎌倉と東国―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

頼朝挙兵によって風雲急を告げる12世紀後半の東国。京都の政治権力と結びつく東国武士たちのネットワークは、鎌倉幕府成立後にいかに変容したのか。都市鎌倉をめぐる交通体系の展開を、内乱を通じて浮き彫りにする。

このページのトップへ

関連書籍

相模武士団

相模武士団

政治権力の磁場に生起した武士団の興亡!

著者:関 幸彦
 
覚醒する〈関東〉

覚醒する〈関東〉 3

東国から見つめ直す古代社会の変容と終焉

著者:荒井 秀規
 
 
列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446

グローバリズムの中世を生きた武士たち!

著者:野口 実
 
悪党召し捕りの中世

悪党召し捕りの中世

治安維持は義務か利権か。悪党の実像に迫る

著者:西田 友広
 
 
頼朝と街道

頼朝と街道 435

幕府成立期に街道が果たした役割を解明する

著者:木村 茂光
 
ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
 
源頼朝と鎌倉

源頼朝と鎌倉

苦難の前半生から冷徹な独裁者の実像に迫る

著者:坂井 孝一
 
鎌倉将軍・執権・連署列伝

鎌倉将軍・執権・連署列伝

人でよむ鎌倉武家政権の歴史。35人収録

 
 
源義経と壇ノ浦

源義経と壇ノ浦

〝軍略家〟義経の戦いの秘密とは?

著者:前川 佳代
 
三浦一族の中世

三浦一族の中世 400

実像が見直されている三浦一族の興亡を描く

著者:高橋 秀樹
 
 
熊谷直実

熊谷直実 384

僧となった東国武士。苦悩と行動の真意とは

著者:高橋 修
 
武蔵武士団

武蔵武士団

平家物語・太平記から浮かび上がる全貌!

著者:関 幸彦
 
 
在庁官人と武士の生成

在庁官人と武士の生成

源平中心とは異なる視角で武士の成立を探究

著者:森 公章
 
鎌倉幕府滅亡と北条氏一族

鎌倉幕府滅亡と北条氏一族 7

武士の世を築いた〝敗者〟が残した遺産とは

著者:秋山 哲雄
 
 
治承・寿永の内乱と平氏

治承・寿永の内乱と平氏 5

『平家物語』などの通説的歴史観を克服する

著者:元木 泰雄
 
武者の世

武者の世

頼朝の時代から鎌倉幕府滅亡まで解く

著者:福田 以久生
 
 
その後の東国武士団

その後の東国武士団 327

坂東を駆け巡った名族たちの栄枯盛衰に迫る

著者:関 幸彦
 
都市鎌倉の中世史

都市鎌倉の中世史 301

従来のイメージを覆す、新しい鎌倉都市論!

著者:秋山 哲雄
 
 
鎌倉源氏三代記

鎌倉源氏三代記 299

頼朝はいかにして源氏の棟梁となったのか?

著者:永井 晋
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
 
鎌倉時代

鎌倉時代

政争・戦乱の史実を解明し、時代を展望

著者:上横手 雅敬
 
鎌倉時代の交通

鎌倉時代の交通 18

当代の交通史を体系づけた先駆けをなす研究

著者:新城 常三
 
 
中世都市鎌倉の風景

中世都市鎌倉の風景

武家の首都・鎌倉の実像に迫る

著者:松尾 剛次
 
鎌倉 古寺を歩く

鎌倉 古寺を歩く 202

知られざる鎌倉寺社散歩

著者:松尾 剛次
 
 
鎌倉北条氏の興亡

鎌倉北条氏の興亡 159

イメージを一新する知られざる光と影の歴史

著者:奥富 敬之
 
京・鎌倉の王権

京・鎌倉の王権 8

列島の東西から読み解く中世の日本

著者:五味 文彦
 
 
北条氏権力と都市鎌倉

北条氏権力と都市鎌倉

考古学と協業し、北条氏権力の展開を再検討

著者:秋山 哲雄
 
 

このページのトップへ