安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世の環境と開発・生業

中世の環境と開発・生業 3

中世の環境と開発・生業

中世ではいかなる開発が行われ生業が発展したのか。資源の枯渇を防ぐための工夫などから、生活基盤を支えた自然環境の特質に迫る。

著者 井原 今朝男
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ 環境の日本史
出版年月日 2013/03/05
ISBN 9784642017251
判型・ページ数 A5・338ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

中世の環境と開発・生業―総論―…井原今朝男/Ⅰ 気候・地形環境と中世社会(気候変動と中世農業…磯貝富士男/海岸線の変動と交通環境―伊勢湾沿岸部を事例に―…伊藤裕偉/中世東海地方の海岸平野の形成と人々…榎原雅治/景観からみる水辺の環境と「開発」…青山宏夫)/Ⅱ 自然猛威のもとでの開発と生業の多様性(災害と開発…水野章二/生業の多様性と資源管理…盛本昌広/荘園・村落の山野河海と生業…田村憲美/年中行事と生業の構造―琵琶湖のフナ属の生態を基軸として―…橋本道範)/Ⅲ 人と環境をめぐる宗教・政治・社会意識(狩人・漁人・武士と殺生・成仏観…苅米一志/戦国・織豊期の地域開発と社会意識の変化…阿部浩一/大地のもつ野生のちから…黒田 智/中世の生業・技術・呪術―神・仏・人間と環境の関係―…井原今朝男)

このページのトップへ

内容説明

複雑な気候と変化に富んだ地形をもつ日本列島。豊かな自然が生物多様性を生み出すなか、中世ではいかなる開発が行われ生業が発展したのか。資源の枯渇を防ぐための工夫などから、生活基盤を支えた自然環境の特質に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

中近世の生業と里湖の環境史

中近世の生業と里湖の環境史

生態系の成立と変化のプロセスを論じる

著者:佐野 静代
 
樹木と暮らす古代人

樹木と暮らす古代人 434

「里山」を創り出した古代人の木材活用術!

著者:樋上 昇
 
 
中世日本の信用経済と徳政令

中世日本の信用経済と徳政令

経済現象を再構築。新しい社会経済史を提示

著者:井原 今朝男
 
里山の成立

里山の成立

さまざまな機能を有した里山の特質を解明

著者:水野 章二
 
 
自然利用と破壊

自然利用と破壊 5

現代社会が抱える環境問題にアプローチする

著者:鳥越 皓之
 
 
中世の農業と気候

中世の農業と気候

日本の水田二毛作はいかに始まったのか。

著者:磯貝 富士男
 
中近世の村落と水辺の環境史

中近世の村落と水辺の環境史

今後の水辺再生を考える新たな環境史の試み

著者:佐野 静代
 
 

このページのトップへ