安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

なぜ無謀な戦争に踏み切ったのか?「国策」決定の中枢を担った陸海軍幕僚たちの行動の軌跡を追い、開戦の真実に迫る。

著者 波多野 澄雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2013/05/08
ISBN 9784642063944
判型・ページ数 4-6・254ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ/序章 陸軍中央幕僚の群像(「軍部支配」の構造/組織と人事/幕僚たちと政策決定)/国家の曲がり角―一九四〇年(ヨーロッパ戦争と不介入政策/「自主的撤兵論」の後退/汪工作と桐工作―「汪・?合作」への願望/「南進」への旋回/三国同盟に期待するもの/「局地解決主義」の破綻/「長期大持久戦」と「南進」の結合/「東亜戦争」の予感)/「南進」と日米交渉(南部仏印への触手/「四国協商」への期待―松岡訪欧/新南方政策―武力行使の条件/「南方施策要綱」の虚像と実像/「日米了解案」の功罪/仏印進駐をめぐる葛藤―松岡と幕僚たち/南部仏印進駐の決定)/新国策の決定(独ソ開戦情報と「国論沸騰」/軍務局の対応/武力行使「決意」をめぐって/「対英米戦を辞せず」の文脈)/「関特演」と幕僚たち(北方「決意」/北方進攻の圧力/政変への対応/北方外交の功罪)/全面禁輸への反応(仏印進駐のプログラム/全面禁輸への対応/参謀本部の反応/苦悩の日々/「国策要綱」隘路/頂上会談の構想)/九月六日の御前会議(決意の「凝固」/「戦争決意」をめぐって/「防共駐兵」/「帝国国策遂行要領」の決定)/東条内閣と幕僚たち(「政戦の転機」/対米提案をめぐる応酬/駐兵をめぐる論争/荻窪会談)/最後の決断(「開戦内閣」?/国策再検討/海軍の決断/対米交渉「甲・乙案」/「サイ」は投ぜられんことを/作戦準備の圧力/ハル・ノートは「天佑」)/終章 その遺産と負債(対外危機と政策決定―幕僚たちの役割/幕僚たちの戦争シナリオ/国際危機と国内危機/幕僚たちの戦後)/誰も望まなかった対米開戦

このページのトップへ

内容説明

誰もが望まなかった対米戦争になぜ踏み切ったのか。日中戦争の収拾が見通せず、米国との対立が深まる中、「国策」決定の中枢を担った陸海軍の幕僚たち。精神論を排したはずの彼らは何ゆえ誤ったのか。開戦の真実に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本海軍史

日本海軍史

海戦の戦術などを分析し80年の歴史を描く

著者:外山 三郎
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
 
人物で読む現代日本外交史

人物で読む現代日本外交史

外交官・政治家ら20名の栄光と苦悩の歴史

 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 
戦時議会

戦時議会 59

戦時中、政局をめぐる代議士の戦いがあった

著者:古川 隆久
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
 

このページのトップへ