安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 自然利用と破壊

自然利用と破壊 5

近現代と民俗

自然利用と破壊

近代化がもたらした豊かさ、破壊された自然環境、震災からみえる社会問題と新たな価値観…。現代社会が抱える環境問題にアプローチ。

著者 鳥越 皓之
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
シリーズ 環境の日本史
出版年月日 2013/05/17
ISBN 9784642017275
判型・ページ数 A5・308ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

近現代の社会と自然―総論…鳥越皓之/Ⅰ 近代化への格闘と環境破壊(工業化社会のエネルギー開発に向き合うとは…山室敦嗣/戦争と大衆文化―ある漫画作家の戦中・戦後経験…安田常雄/都市化と自然の破壊―春の小川はどうなったのか…鳥越皓之)/Ⅱ 生業と近代化(近代日本農業史研究と環境史研究…高橋美貴/内水面「総有」漁業の近世と近現代―琵琶湖の「村エリ」をめぐって…佐野静代/動植物にとっての近代社会…牧野厚史)/Ⅲ 民俗世界の対応(自然世界と民俗世界―自然と人間との「不完全」な関係性の再評価…菅 豊/生業と近代化―水田と環境思想…安室 知/川のなかの定住者たちの災害対応―利根川・布鎌地域における水神祭祀…金子祥之/物語としての人と自然…山 泰幸)/Ⅳ 東日本大震災と現代社会(ゴミ問題の忘却の構造―放射能汚染が映し出したもの…原山浩介/津波災害と復興…北原糸子)

このページのトップへ

内容説明

産業の発展に伴う生活環境や価値観の変化、都市化で失われていく自然、災害の発生と復興など、人びとはいかに自然を利用し破壊してきたのか。現代社会が抱える環境問題にアプローチし、未来への可能性を模索する。

【編集者の眼】
 人と自然との関わりを捉え直す「環境の日本史」は、本巻をもちまして完結いたしました。近代におけるエネルギー開発の様相と変化、農業・漁業の近代化、地震や洪水等の災害の発生と対応などをテーマとした一二の論考を収載しております。
本巻にみられるように、震災や戦争は日本の自然環境、人々の生活環境に多大な影響を与え、多様な価値観を生みだしました。
1964年の東京オリンピックは、都市機能が発展し、高度経済成長への足掛かりとなり、敗戦からの復興を世界中にアピールしたといわれていますが、一方で、自然景観の変化、公害も加速しました。
2020年東京オリンピック招致活動では、環境への配慮は言わずもがなですが、大震災からの「復興」をアピールするという状況は前回と重なります。開催が実現となれば、同じ東京で50年前の教訓はどう活かされるのでしょうか。開催の当否にかかわらず、被災地の早急の復興を祈るばかりです。(里)

このページのトップへ

関連書籍

樹木と暮らす古代人

樹木と暮らす古代人 434

「里山」を創り出した古代人の木材活用術!

著者:樋上 昇
 
中世の環境と開発・生業

中世の環境と開発・生業 3

生活基盤を支えた自然環境の特質に迫る

著者:井原 今朝男
 
 
古代の暮らしと祈り

古代の暮らしと祈り 2

人々はいかに自然環境と向き合っていたのか

著者:三宅 和朗
 
人々の営みと近世の自然

人々の営みと近世の自然 4

江戸時代の自然の大改造と災害復興を描く

著者:水本 邦彦
 
 
日本史と環境

日本史と環境 1

歴史から導きだす、新たな自然観・環境観

著者:平川 南
 
 

このページのトップへ