安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 彫刻と戦争の近代

彫刻と戦争の近代 365

彫刻と戦争の近代

戦争イメージから、平和のシンボルへ…。戦時体制下、戦争関連作品を創り続けた彫刻家の苦難の歴史から、近代日本彫刻の変容を描く。

著者 平瀬 礼太
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2013/06/20
ISBN 9784642057653
判型・ページ数 4-6・206ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

近代彫刻の変容―プロローグ/戦争と彫刻(近代日本の彫刻と戦争〈「彫刻」の意味するもの/戦中の彫刻の扱い/初期の動き/帝国美術院の改組/プロレタリア運動と彫刻〉以下細目略/芸術と社会)/戦争の時代(戦争の時代への突入と彫刻/彫刻制作への圧力/傷痍軍人と彫刻)/日米開戦の衝撃(変転相次ぐ彫刻活動/盛り上がる彫刻界/銅像の行方/突き進む彫刻)/戦後へ(敗戦とともに/混乱の中で)/まだ終わらない戦争―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

戦時体制下、彫刻界ではどのような活動がなされていたのか。材料不足や表現活動の制限に不自由さを感じながらも、戦勝記念碑やモニュメントなど、戦争に関連した作品の創作を続けていた彫刻家たちの苦難の歴史を辿る。戦後、戦争イメージが、平和のシンボルに姿を変えながら現代まで残存している動向などにも言及し、近代日本彫刻の変容を描く。

このページのトップへ

関連書籍

〈報道写真〉と戦争

〈報道写真〉と戦争

報道写真家たちの実像と戦争責任を追及する

著者:白山 眞理
 
銅像受難の近代

銅像受難の近代

捨てられ、溶かされ、壊される。数奇な運命

著者:平瀬 礼太
 
 

このページのトップへ