安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 徳川歴代将軍事典

徳川歴代将軍事典

徳川歴代将軍事典

家康から慶喜まで15代の治世で読み解く。最新の研究成果で、将軍の家族・大名・旗本・学者、政策・事件など約1000項目を収録。

著者 大石 学
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
出版年月日 2013/08/30
ISBN 9784642014717
判型・ページ数 菊判・882ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

近世国家権力の中枢に位置する徳川15代将軍について、その治世ごとに、政治・経済・社会・文化など約1000項目を収録。将軍の正室・側室・子どもなどの家族や、大名・旗本・学者、政策・事件など、最新の研究成果をもとに解説し、新たな江戸時代像の構築をめざす。主要役職就任者一覧を将軍ごとに掲載し、巻末には検索に便利な索引を付す。

【本事典の特色】
◎265年におよぶ江戸時代を、徳川将軍15代の治世ごとにクローズアップ。約1000項目を最適な執筆者が詳細・正確に解説する。
◎各将軍の正室・側室・子どもなどの家族、大名・旗本などの幕府官僚、大奥の女性官僚、学者らを多数収録する。
◎各将軍の時代の政策、事件などを収め、最新の研究成果による解説で、各時代の政治・経済・社会・文化を浮き彫りにする。
◎徳川将軍家と大名・幕臣・庶民との関わりを、巻頭概説で平易に叙述。主要役職就任者一覧を将軍ごとに収め、巻末には索引を付載する。
◎幕府(『江戸幕府大事典』)と藩(『近世藩制・藩校大事典』)に続き、将軍をテーマに江戸時代の全体像を捉え直す、待望の事典第3弾。

このページのトップへ

関連書籍

保科正之

保科正之 290

家綱を後見し家訓十五条を遺した会津藩主

著者:小池 進
 
紀州藩主 徳川吉宗

紀州藩主 徳川吉宗 439

若き日の将軍前史を描いた初めての書!

著者:藤本 清二郎
 
 
定本 徳川家康

定本 徳川家康

研究史をふまえ詳細に叙述した最新の家康伝

著者:本多 隆成
 
徳川綱吉

徳川綱吉 217

毀誉褒貶の雑説にまみれた徳川五代将軍伝

著者:塚本 学
 
 
徳川吉宗

徳川吉宗

江戸幕府中興の英主の生涯と享保改革を究明

著者:辻 達也
 
徳川慶喜

徳川慶喜 1

将軍から朝敵へ―謎多き前半生と時代

著者:家近 良樹
 
 
日本近世人名辞典

日本近世人名辞典

秀吉から幕末維新期まで3657人を収録

著者:竹内 誠
深井 雅海
 
江戸幕府大事典

江戸幕府大事典

265年にわたる徳川幕府のすべてがわかる

著者:大石 学
 
 

このページのトップへ