安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代の文字と地方社会

日本古代の文字と地方社会

日本古代の文字と地方社会

地方で出土した木簡・漆紙文書・墨書土器や韓国出土の文字資料を検討し、古代日本の文字文化の受容と展開の様相を描き出す。

著者 三上 喜孝
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2013/07/18
ISBN 9784642046077
判型・ページ数 A5・358ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 研究の視角と本書の構成/Ⅰ 日本古代における文字文化の受容(日本古代の文字と言語/習書木簡からみた文字文化受容の問題/論語木簡と古代地方社会/日本古代木簡の系譜―韓国出土木簡との比較検討を通して)/Ⅱ 古代地方社会における文書行政の展開(文書木簡と文書行政―地方出土木簡を例として/古代地方社会における公粮支給と帳簿/古代地方社会における出挙運営と帳簿―出挙関係木簡を手がかりに/出挙の運用/付章 古代東アジア出挙制度試論)/Ⅲ 文書行政と「辺境」(古代「辺境」の民衆把握―秋田城跡出土漆紙文書の意味するもの/古代地方社会における暦―その受容と活用をめぐって/城柵と文書行政)/Ⅳ 文字文化の周縁世界(墨書土器研究の新視点―文献史学の立場から/古代地域社会における祭祀・儀礼と人名―墨書土器の検討から/付章 「龍王」銘木簡と古代東アジア世界―日韓出土木簡研究の新展開)

このページのトップへ

内容説明

日本の古代社会において、文字はどのように受容され、文化を形成するにいたったのか。地方社会では文書行政がいかに行われていたのか。地方で出土した文字資料(木簡・漆紙文書・墨書土器)を手がかりに、文字の受容と展開の様相を描き出す。また、韓国出土の文字資料も検討し、東アジア世界における文化の中に、古代日本の文字文化を位置付ける。

このページのトップへ

関連書籍

地方官人たちの古代史

地方官人たちの古代史 386

〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描く

著者:中村 順昭
 
発掘文字が語る 古代王権と列島社会

発掘文字が語る 古代王権と列島社会

鉄刀銘文・木簡などを通して実像を描き出す

著者:狩野 久
 
 
日本古代の文字と表記

日本古代の文字と表記

漢字受容と伝来を探り古代日本語の実態解明

著者:沖森 卓也
 
文字表現の獲得

文字表現の獲得 5

古事記、万葉仮名。文字が伝えた日本の言葉

 
 
神仏と文字

神仏と文字 4

呪符・墓碑・経典。文字が繋いだ神仏と人間

 
流通と文字

流通と文字 3

出納帳、借金証文。文字が動かした古代経済

 
 
支配と文字

支配と文字 1

鉄剣、鏡、木簡。文字が広めた古代の権威

 
 

このページのトップへ