安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 親鸞の信仰と呪術

親鸞の信仰と呪術

病気治療と臨終行儀

親鸞の信仰と呪術

親鸞自身の病気治療や来迎観などを考察。師法然やその門弟、親鸞の家族、子孫の病気治療や臨終行儀への姿勢から、信仰の実態に迫る。

著者 小山 聡子
ジャンル 日本歴史 > 中世史
宗教史 > 仏教
出版年月日 2013/08/02
ISBN 9784642029131
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章/病気治療と臨終行儀(護摩修法による病気治療〈憑座と物気/護摩修法と薬物/芥子焼による病気治療〉以下細目略/病気治療における憑座と憑依/臨終行儀の成立とその影響)/法然と門弟の病気治療とその臨終(法然による病気治療とその臨終/津戸三郎為守の信仰と自害往生/證空の病気治療と臨終への姿勢)/親鸞の他力信仰と呪術(親鸞の教えと門弟からの異義/親鸞の病気治療と経典読誦/親鸞の来迎観と臨終のあり方)/親鸞の妻、子どもの信仰(恵信尼の極楽往生への不安/東国における善鸞の信仰と布教活動/覚信尼における親鸞の信仰の受容)/親鸞の子孫の信仰(覚如と自力信仰/存覚と自力信仰/晩年の存覚と『看病用心鈔』の書写)/終章 

このページのトップへ

内容説明

呪術を常識とした平安後期から鎌倉前期、他力信心の重要性を説いた親鸞の信仰は、貴賤を問わず人々の生活と結びついた呪術といかなる関係だったのか。親鸞自身の病気治療や来迎観などを考察し、師法然やその門弟、親鸞の家族、子孫らの治病の様相や臨終行儀への姿勢から、信仰の実態に迫る。彼らの教えを「異端」とする従来の研究に一石を投じる。

このページのトップへ

関連書籍

日本の奇僧・快僧

日本の奇僧・快僧

時代を動かした知的アウトサイダーの実像

著者:今井 雅晴
 
親鸞と歎異抄

親鸞と歎異抄 392

今なお人びとの心を惹き付ける思想に迫る

著者:今井 雅晴
 
 
親鸞と東国

親鸞と東国

日本最大の宗派を築いた聖人の生涯!

著者:今井 雅晴
 
親鸞

親鸞

異説多い親鸞伝の諸問題を解き明かす。

著者:赤松 俊秀
 
 
親鸞の生涯と思想

親鸞の生涯と思想

親鸞研究の第一人者が、思想と実像を解明

著者:平松 令三
 
信の念仏者 親鸞

信の念仏者 親鸞 8

「悪人こそ往生をとげうる」と唱えた親鸞像

著者:草野 顕之
 
 
親鸞

親鸞 37

新知見と新見解によって素顔の親鸞を検証

著者:平松 令三
 
 

このページのトップへ