安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国時代の自力と秩序

戦国時代の自力と秩序

戦国時代の自力と秩序

宗論や寺内法などから自力の観念を追究。土一揆の実像を、武装蜂起の実態から迫り、中・近世移行期の政治・社会的秩序を解き明かす。

著者 神田 千里
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2013/08/29
ISBN 9784642029148
判型・ページ数 A5・324ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

まえがき/自力の秩序観念(鐘と中世の人びと〈観禅院の鐘/徳政の鐘〉/国質・郷質と領主間交渉〈内からと外からと/誰に向けて、何のために/領主の登場/消滅―結びにかえて〉/中世の宗論〈訴訟・裁判としての宗論/決闘としての宗論/宗論と自力救済/宗論の衰退/安土宗論の意義〉/『天文日記』と寺内の法〈寺内の法の提供者/寺内の法の特質〉以下細目略/補論一 寺内町の相続訴訟/織田政権の支配の論理/補論二 中世末の「天下」について―戦国末期の政治秩序を考える/補論三 戦国期の「国」観念)/土一揆の実像(土一揆像の再検討/訴訟としての土一揆/一向一揆と土一揆/土一揆としての島原の乱

このページのトップへ

内容説明

戦国時代、人々の行動を規定した論理・価値とは何だったのか。住民に決起を促す鐘の音による情報の伝達、国質・郷質と領主介入、裁判としての宗論、寺内法、織田政権と支配の論理などから自力の観念を追究。また、土一揆の実像を、訴訟や一向一揆、島原の乱などの武装蜂起の実態から迫り、中・近世移行期における政治・社会的秩序を解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

山城国一揆と戦国社会

山城国一揆と戦国社会 357

国一揆から読み解く戦国社会の実態

著者:川岡 勉
 
戦国大名と一揆

戦国大名と一揆 6

戦国社会から信長・秀吉の天下統一へ

著者:池 享
 
 
一向一揆と石山合戦

一向一揆と石山合戦 14

民衆が巻き込まれ、自ら関わった戦争の実像

著者:神田 千里
 
一向一揆論

一向一揆論

仏教史・真宗史の視点から捉え直す

著者:金龍 静
 
 
土一揆の時代

土一揆の時代 181

土一揆は村民の抵抗運動だったのか

著者:神田 千里
 
一揆の時代

一揆の時代 11

人々を一揆に駆り立てたものは何か

著者:榎原 雅治
 
 
検証島原天草一揆

検証島原天草一揆 259

なぜ島原の乱ではないのか? 新たな真実

著者:大橋 幸泰
 
 

このページのトップへ