安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 伊勢神宮を造った匠たち

伊勢神宮を造った匠たち

伊勢神宮を造った匠たち

時の政治や経済に翻弄されながらも、建築の伝統を引き継いできた工匠たち。造営組織の変化や匠の系譜から、彼らの1200年を追う。

著者 浜島 一成
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
宗教史 > 神道
出版年月日 2013/08/26
ISBN 9784642080927
判型・ページ数 4-6・168ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/序章 伊勢神宮の建築(配置/社殿の形式/式年遷宮の概要)/式年遷宮で行われる儀式(山口木本祭/木造始/上棟/御遷宮―正殿の完成)/式年遷宮に携わった神官(中世の作所と小作所/江戸時代の作所と小作所)/匠の系譜―源平争乱期から室町時代(大工職補任状と補任料/神宮工の系譜/神宮工の大工職併有について/「請屋」と「請工」/「修理工」と「故実の工」)/台頭する新たな匠―戦国時代から信長・秀吉・家康(一〇〇年以上にわたる中断後の式年遷宮/新たな匠の系譜)/終章 工匠たちの一二〇〇年/あとがきに代えて―内宮正殿の形式について

このページのトップへ

内容説明

古代より伝わる式年遷宮にともない各殿舎の工事を手がけた建築工匠たち。彼らの活動は時代とともにどのように変化したのか。源平争乱期から江戸時代までを中心に、遷宮記録や大工職補任状、造営文書などを手がかりとして、造営組織の変化や匠の系譜を読み解く。時の政治や経済に翻弄されながらも、伝統を引き継いできた工匠たち1200年の姿とは。

このページのトップへ

関連書籍

神都物語

神都物語 405

時代状況に合わせ柔軟に変容する伊勢を描く

 
神社の本殿

神社の本殿 362

神社本殿の謎を解き明かした、初めての書

著者:三浦 正幸
 
 
事典 神社の歴史と祭り

事典 神社の歴史と祭り

厳選した60社が映し出す人々の営みと信仰

著者:岡田 荘司
笹生 衛
 
伊勢神宮の成立

伊勢神宮の成立

天照大神はいつ、なぜ伊勢の地に祭られたか

著者:田村 圓澄
 
 
伊勢神宮と古代の神々

伊勢神宮と古代の神々 4

謎の多い神宮の歴史を追究する

著者:直木 孝次郎
 
中世伊勢神宮史の研究

中世伊勢神宮史の研究

史実と神道教義両面から総合的に考察する

著者:平泉 隆房
 
 
日本神道史

日本神道史

今も人々の生活に息づく神道の世界を解明

著者:岡田 荘司
 
神道史大辞典

神道史大辞典

日本人の心の原点“神道”の姿とは

著者:薗田 稔
橋本 政宣
 
 

このページのトップへ