安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 類聚 近世風俗志 上

類聚 近世風俗志 上

原名 守貞漫稿

類聚 近世風俗志 上

江戸時代風俗の考証的随筆。別名『守貞謾稿』。上巻は時勢、地理、家宅、人事、生業、貨幣、男扮、女扮、男服、女服、雑服を収載。

著者 喜田川季荘
ジャンル 日本歴史 > 近世史
日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ オンデマンド版 > 類聚 近世風俗志〔オンデマンド版〕
出版年月日 2013/06/19
ISBN 9784642042055
判型・ページ数 A5・626ページ
定価 本体18,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

喜田川季壮(守貞)の著わした、江戸時代の風俗に関する考証的随筆。原書名は『守貞謾稿』。約700項目にのぼる名辞や事象を、勢、地理、家宅、人事、生業、雑業、貨幣、男扮、女扮、男服、女服、雑服、織染、妓扮、娼家、音曲、雑劇、沐浴、春時、夏冬、遊戯、笠、傘履、食類、遊戯(追補)、駕車、雑器に分類し、説明を加えてある。明治41年(1908)、帝国図書館の所蔵となっていたこの稿本を整理編集して『類聚 近世風俗志』の書名で刊行され、オンデマンド版はこれを基に製作した。

このページのトップへ

関連書籍

類聚 近世風俗志 下

類聚 近世風俗志 下

名辞や事象約700項目の説明を加えた下巻

著者:喜田川季荘
 
 

このページのトップへ