安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 史書を読む

史書を読む

史書を読む

古代から近代にいたる様々な歴史書29編をとりあげる。エピソードを盛り込みながら成立事情やその性格、面白さをわかりやすく紹介。

著者 坂本 太郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2013/09/09
ISBN 9784642063982
判型・ページ数 4-6・246ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

日本書紀/続日本紀/日本後紀・続日本後紀/文徳実録・三代実録/日本紀略/古事記/風土記/古語拾遺/旧事本紀/扶桑略記/将門記/大鏡/今鏡・水鏡/愚管抄/平家物語/吾妻鏡/元亨釈書/増鏡/太平記/神皇正統記・梅松論/本朝通鑑/大日本史/読史余論・古史通/日本開化小史/『史書を読む』解説…大津 透

このページのトップへ

内容説明

史書を読むことは歴史の楽しみを知ることである。古代から近代にいたるさまざまな歴史書29編をとりあげ、エピソードを盛り込みながら成立事情やその性格、面白さをわかりやすく紹介。読者を史書の魅力へと誘う名著。

このページのトップへ

関連書籍

六国史

六国史 27

六国史各書の成立事情や特質を詳述する

著者:坂本 太郎
 
日本史文献解題辞典

日本史文献解題辞典

日本史・日本文化の研究に不可欠な文献網羅

 
 
国史大系書目解題 下

国史大系書目解題 下

国史大系各書目の基礎的理解を深める必読書

 
国史大系書目解題 上

国史大系書目解題 上

国史大系各書目の基礎的理解を深める必読書

 
 
将門記を読む

将門記を読む

将門の夢と挫折。現代に語継がれる姿に迫る

著者:川尻 秋生
 
信長公記を読む

信長公記を読む

原典を読み解き信長・秀吉の魅力を探る

著者:堀 新
 
 
平家物語を読む

平家物語を読む

軍記物『平家物語』の虚像と史実に迫る

著者:川合 康
 
今昔物語集を読む

今昔物語集を読む

今と昔が不思議に交差する物語の魅力に迫る

著者:小峯 和明
 
 
太平記を読む

太平記を読む

文学史上の『太平記』の嘘と真実に迫る

著者:市沢 哲
 
万葉集を読む

万葉集を読む

現存最古の歌集から浮かぶ人々の関心と時代

著者:古橋 信孝
 
 
北野天神縁起を読む

北野天神縁起を読む

縁起を文学作品として読み解いた初の試み

著者:竹居 明男
 
仮名手本忠臣蔵を読む

仮名手本忠臣蔵を読む

日本人の心を惹きつける赤穂浪士の魅力!

著者:服部 幸雄
 
 
源氏物語を読む

源氏物語を読む

光源氏登場から千年。虚構の中の正史とは

著者:瀧浪 貞子
 
古事記を読む

古事記を読む

神話の深層に迫るかつてない古事記の世界

著者:三浦 佑之
 
 
吾妻鏡の謎

吾妻鏡の謎 277

謎多い史書のねらいと見え隠れする嘘を暴く

著者:奥富 敬之
 
吾妻鏡の方法

吾妻鏡の方法

吾妻鏡から何が見えるか。待望の増補版 

著者:五味 文彦
 
 

このページのトップへ