安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 女性官僚の歴史

女性官僚の歴史

古代女官から現代キャリアまで

女性官僚の歴史

古代から現代まで形態を変えつつ活動した女性官僚。歴史研究の成果から、女性と社会をめぐる今日的課題に迫る!

著者 総合女性史学会
ジャンル 日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
出版年月日 2013/10/31
ISBN 9784642080972
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序文「女性官僚の歴史」をふりかえる/女性の「排除」と「包摂」―古代の権力システムのなかの女官…伊集院葉子(国家・社会と女官/律令官僚制成立と女性の「排除」/権力システムへの女性の「包摂」と女官制の展開)以下細目略/コラム 遣隋使・遣唐使になぜ女はいないのか…義江明子/典侍試論―即位褰帳を中心に…栗山圭子/コラム 文字のジェンダーと女房奉書…黒田弘子/戦国期の女官と武家伝奏―『守光公記』に見る女房奉書の史的役割…湯川敏治/禁裏女房の人事と職務…久保貴子/大名家「女使」の任務―仙台藩伊達家を中心に…柳谷慶子/明治宮廷改革と女官…宇野勝子/コラム 帝国憲法と女性高等官の存在…早川紀代/労働省婦人少年局と女性官僚たち―第一期を中心に…金子幸子/男女平等憲法と男女分業政策のはざまで―現代の女性官僚…竹信三恵子

このページのトップへ

内容説明

女官・奥女中・キャリアなど、古代から現代まで女性官僚が形を変えつつ活動してきた歴史を明らかにする。政策の立案や決定過程への女性参加率は世界一一〇位という日本の現状に対し、官僚制と女性の歴史的関係から、その淵源に鋭く迫り解決を模索する。女性実務官僚の一貫した歴史という、女性史研究にとって初めての試みをまとめた注目の一書。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代女官の研究

日本古代女官の研究

律令制度で女官が得た公的地位とは?

著者:伊集院 葉子
 
古代の女性官僚

古代の女性官僚 390

古代キャリアウーマンのライフコースを辿る

著者:伊集院 葉子
 
 
草の根の婦人参政権運動史

草の根の婦人参政権運動史

平和・労働・家族に関わる活動の全過程

著者:伊藤 康子
 
草の根の女性解放運動史

草の根の女性解放運動史

女性は自らの解放のため何をしてきたのか

著者:伊藤 康子
 
 
女性史と出会う

女性史と出会う 116

女性史の出発がここにある!

 
史料にみる日本女性のあゆみ

史料にみる日本女性のあゆみ

女性史を学ぶ人に贈る最新の入門書!

 
 
日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
近世の朝廷と女官制度

近世の朝廷と女官制度

未解明だった禁裏御所の「奥」の全貌を解明

著者:高橋 博
 
 
闘う女性の20世紀

闘う女性の20世紀 42

自立・平等と民主主義を求めた女の100年

著者:伊藤 康子
 
 

このページのトップへ