安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

政党政治の展開から満州事変、二・二六事件、日米開戦、敗戦への道まで、昭和史の重要な転換点を読み解き、事件の推移を解明する。

著者 伊藤 隆
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2013/12/12
ISBN 9784642065726
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 政党政治(憲政会と政友会/台湾銀行救済案否決さる/田中外交と張作霖爆殺事件)/Ⅱ 満州事変と五・一五事件(関東軍の暴走/満州事変のゆくえ/政界の動きと五・一五事件/国際連盟脱退と斎藤内閣)/Ⅲ 二・二六事件とその後(二・二六事件/広田内閣と陸軍/宇垣内閣流産と林内閣)/Ⅳ 日中戦争(近衛内閣の誕生/日中戦争の開始/国民政府を対手とせず/国家総動員法/平沼内閣の苦衷)/Ⅴ 日米開戦(日米交渉/開戦への決意/東条内閣の成立と開戦/翼賛選挙)/Ⅵ 敗戦への道(戦況の変化と和平の条件/皇道派と東条内閣の崩壊/近衛上奏文と戦後への潮流/敗戦)

このページのトップへ

内容説明

史料公開が進み、研究が盛んになった昭和史。政党政治の展開から満州事変、五・一五事件、二・二六事件、日中戦争、日米開戦、敗戦への道まで、昭和史の重要な転換点を一次史料で読み解き、事件の推移を解明する名講義。

このページのトップへ

関連書籍

戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 
内大臣の研究

内大臣の研究

「常侍輔弼」はいかなる変遷を遂げたのか

著者:松田 好史
 
二・二六事件と青年将校

二・二六事件と青年将校 19

彼らの“昭和維新”はなぜ失敗したのか

著者:筒井 清忠
 
 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
 
二・二六事件

二・二六事件

彼らが求めた「昭和維新」から真相に迫る

著者:須崎 愼一
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
 
近代日本の転機 昭和・平成編

近代日本の転機 昭和・平成編

世界恐慌~地下鉄サリンまで32の転換点

著者:鳥海 靖
 
 

このページのトップへ