安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 長篠合戦と武田勝頼

長篠合戦と武田勝頼 9

長篠合戦と武田勝頼

武田家を滅亡させ暗愚の将とされてきた勝頼。新戦術(鉄砲)と旧戦法(騎馬)の対立軸で語られてきた合戦を捉え直し、実像に迫る。

著者 平山 優
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 敗者の日本史
出版年月日 2014/01/21
ISBN 9784642064552
判型・ページ数 4-6・318ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

長篠合戦と武田勝頼をめぐる諸問題 プロローグ
Ⅰ 思いがけぬ運命
 勝頼誕生前夜
 諏方勝頼から武田勝頼へ
Ⅱ 武田信玄の死と勝頼
 武田信玄晩年の外交と軍事
 信玄の死と武田勝頼
Ⅲ 武田勝頼の織田・徳川領国侵攻
 徳川家康の反撃と勝頼
 武田勝頼の反攻
Ⅳ 長篠合戦をめぐる諸問題
 長篠合戦をめぐる論点
 武田氏と騎馬/織田軍の「三千挺三段撃ち」問題
Ⅴ 長篠合戦前夜
 勝頼、三河に出陣す
 追い詰められる長篠城
Ⅵ 決戦
 決戦前の両軍
 両軍の布陣
 両軍の激突
 勝頼と信長、それぞれの戦後
長篠合戦と武田勝頼 エピローグ

このページのトップへ

内容説明

武田家を滅亡させ、暗愚の将とされてきた勝頼。だが、父信玄より領土を拡大し、織田信長ら同時代人の評価は高かった。新戦術(鉄砲)と旧戦法(騎馬)の対立軸で語られてきた合戦を捉え直し、「敗者」勝頼の実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

真田氏三代と信濃・大坂の合戦

真田氏三代と信濃・大坂の合戦

一族の足跡と徳川を苦しめた合戦に迫る!

著者:中澤 克昭
 
甲信越の名城を歩く 山梨編

甲信越の名城を歩く 山梨編

県内名城61を国中五地域と郡内に分け解説

著者:山下 孝司
平山 優
 
 
信長軍の合戦史

信長軍の合戦史

一次史料から見えてくる天下統一戦争の実像

 
検証 長篠合戦

検証 長篠合戦 382

今一度、史料と向き合い徹底的に検証する

著者:平山 優
 
 
武田信玄

武田信玄 221

人間信玄のすべて。風林火山の真実に迫る

著者:平山 優
 
武田信玄像の謎

武田信玄像の謎 206

謎に包まれた「伝・信玄像」の通説に挑む

著者:藤本 正行
 
 
歴史の旅 武田信玄を歩く

歴史の旅 武田信玄を歩く 160

新しい信玄を捜す歴史の旅へ。

著者:秋山 敬
 
武田信玄

武田信玄

謙信と角逐し、信長を畏怖せしめた戦国名将

著者:奥野 高広
 
 
織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
定本 徳川家康

定本 徳川家康

研究史をふまえ詳細に叙述した最新の家康伝

著者:本多 隆成
 
 
織田信長家臣人名辞典 第2版

織田信長家臣人名辞典 第2版

全面改訂・追加し、家臣約1458人を網羅

著者:谷口 克広
 
戦国人名辞典

戦国人名辞典

東国を中心に4200の群像を収める

 
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
鉄砲とその時代

鉄砲とその時代

よみがえる〝キリシタンの世紀〟

著者:三鬼 清一郎
 
 
鉄砲伝来の日本史

鉄砲伝来の日本史

種子島伝来~幕末まで日本の鉄砲300年史

著者:宇田川 武久
 
鉄砲と戦国合戦

鉄砲と戦国合戦 146

日本人はなぜ火縄銃にこだわったのか

著者:宇田川 武久
 
 
東国の戦国合戦

東国の戦国合戦 10

動乱期を生きた東国武士団の合戦絵巻

著者:市村 高男
 
信長の天下布武への道

信長の天下布武への道 13

天下統一戦略のすべてが、いま明らかになる

著者:谷口 克広
 
 
甲斐と甲州道中

甲斐と甲州道中 23

風光明媚の国=甲斐の独特の歴史と文化

著者:飯田 文弥
 
 

このページのトップへ