安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 七代目市川團十郎の史的研究

七代目市川團十郎の史的研究

七代目市川團十郎の史的研究

「歌舞伎十八番」を制定し、歌舞伎界に功績を残した七代目。贔屓や成田山との関係、風俗取締政策などから、人物像を浮き彫りにする。

著者 木村 涼
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2014/01/27
ISBN 9784642034609
判型・ページ数 A5・270ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/序章 七代目市川團十郎の肖像/歌舞伎・文人と江戸社会(七代目に対する観客の意識/『客者評判記』にみる「贔屓定連」/観客に対する役者の認識/贔屓連の支援形態)/成田山新勝寺と奉納芝居(成田山新勝寺について/興行願い/興行日延べ願い/興行終了届け)/成田山江戸出開帳と霊験記上演(文政四年江戸出開帳の経緯/出開帳の評判と風邪の流行/「成田山略縁起」にみる不動明王の霊験/「伊達■(衤衣)解脱絹川」序幕にみる不動明王)以下細目略/成田山額堂寄進と扁額奉納/成田山仁王門再建と勧進興行/風俗取締政策と歌舞伎十八番「景清」/成田山蟄居と『しもふさ身旅喰』/五代目海老蔵の赦免と「景清」/終章 本書の成果と課題/市川團十郎家系図/七代目市川團十郎 略年表

このページのトップへ

内容説明

江戸歌舞伎の大名跡として、代々多くの観客を魅了してきた市川團十郎。中でも七代目は、「歌舞伎十八番」を制定して市川家の芸を確立させ、その後の歌舞伎界に大きな功績を残した。七代目と贔屓や成田山との関係、風俗取締政策などに焦点を当て、江戸社会における人物像を浮き彫りにする。従来の研究にはない社会史的アプローチを試みた注目の一冊。

このページのトップへ

関連書籍

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

〈東京〉の礎を築いた巨大城下町江戸の全貌

 
八代目市川團十郎

八代目市川團十郎

江戸っ子を魅了するも早世した波瀾の生涯!

著者:木村 涼
 
 
市川団十郎

市川団十郎

初代~12代まで歴代の人と芸道・精神描く

著者:西山 松之助
 
歌舞伎から江戸を読み直す

歌舞伎から江戸を読み直す

恥と情をキーワードに、日本人を問い直す!

著者:田口 章子
 
 
歌舞伎の原郷

歌舞伎の原郷

江戸歌舞伎の時空を考察し、原風景を探る

著者:服部 幸雄
 
歌舞伎と人形浄瑠璃

歌舞伎と人形浄瑠璃 170

伝統演劇400年の歴史!

著者:田口 章子
 
 

このページのトップへ