安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世の変革と徳政

中世の変革と徳政

神領興行法の研究

中世の変革と徳政

鎌倉後期、寺社領に吹き荒れた神領興行の嵐の背後に幕府・朝廷が推進した行政改革の動きを読み解き、大転換期をダイナミックに描く。

著者 海津 一朗
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042406
判型・ページ数 A5・286ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

蒙古襲来の危機が深刻化する鎌倉後期、寺社領に吹き荒れた神領興行の嵐の背後に、幕府・朝廷が一致して推進した行政改革(リストラ)の動きを読み解き、日本史上の大転換期である鎌倉末・南北朝期をダイナミックに描く。

このページのトップへ