安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国期室町幕府と将軍

戦国期室町幕府と将軍

戦国期室町幕府と将軍

戦国期の足利将軍は細川氏の傀儡ではなく生き残りの道を独自に模索していた。幕府内の実証的分析から幕府・将軍の実像の解明に迫る。

著者 山田 康弘
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042437
判型・ページ数 A5・282ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

戦国期の足利将軍は細川氏の傀儡ではなく、幕府を主導して動乱の時代の中で生き残りの道を独自に模索していた。幕府内の実証的分析を通じて、戦国期「日本」を読み解くために不可欠な幕府・将軍の実像の解明に迫る。

このページのトップへ