安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 徳川初期キリシタン史研究 補訂版

徳川初期キリシタン史研究 補訂版

徳川初期キリシタン史研究 補訂版

家康とイエスズ会との関係、家康の禁教政策、禁教令下の宣教活動など通じて究明した労作。特に日本人宣教者の位置づけを試みた。

著者 五野井 隆史
ジャンル 日本歴史 > 近世史
宗教史 > キリスト教
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042512
判型・ページ数 A5・514ページ
定価 本体15,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

徳川初期政権とキリシタン教界の係わりを、家康とイエスズ会との関係、家康の禁教政策、禁教令下の宣教活動など通じて究明した労作。特に日本人宣教者の位置づけを試み、補訂版は同宿・小者の消息を大幅に訂正した。

このページのトップへ

関連書籍

キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
ザビエルと東アジア

ザビエルと東アジア

彼の教皇大使の資格に着目し布教構想を発見

著者:岸野 久
 
 
島原の乱とキリシタン

島原の乱とキリシタン 14

潜伏キリシタンと百姓はなぜ蜂起し敗れたか

著者:五野井 隆史
 
キリシタンの文化

キリシタンの文化 67

徳川幕府の迫害下に生き続けた文化を探る

著者:五野井 隆史
 
 
日本キリシタン史の研究

日本キリシタン史の研究

キリシタンの光と影の歴史を解き明かす名著

著者:五野井 隆史
 
キリスト教美術図典

キリスト教美術図典

聖書に基づく説話や象徴から全容に迫る

著者:柳 宗玄
中森 義宗
 
 
日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
 

このページのトップへ