安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世海難救助制度の研究

近世海難救助制度の研究

近世海難救助制度の研究

江戸時代の海難救助は、専ら浦村の申合せや慣行によって実施された。海難救助の実態と制度に関する法とその実施状況を実証的に究明。

著者 金指 正三
ジャンル 日本歴史 > 近世史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042543
判型・ページ数 A5・778ページ
定価 本体19,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

江戸時代の海難救助は、幕府法を至上命令としながらも、専ら浦村の申合せや慣行によって実施された。永年にわたり全国各地を踏査した著者が、海難救助の実態と制度に関する法とその実施状況を実証的に究明した労作。

このページのトップへ

関連書籍

近世海難史の研究

近世海難史の研究

伊豆諸島の漂着船をとりあげ実態を描く

著者:段木 一行
 
 

このページのトップへ