安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世三井経営史の研究

近世三井経営史の研究

近世三井経営史の研究

近世最大の都市商人の営業組織を分析し、近世の為替取引と町人金融の実態、絹織物、木綿、唐反物などの流通構造とその矛盾を解明。

著者 賀川 隆行
ジャンル 日本歴史 > 近世史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042550
判型・ページ数 A5・638ページ
定価 本体17,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

近世最大の都市商人三井家の営業組織を創業期から幕末・明治初年まで分析し、近世の為替取引と町人金融の実態、および絹織物、木綿、唐反物、和紙などの流通構造とその矛盾を明らかにした。日本経済史研究に必読の書。

このページのトップへ

関連書籍

史料が語る 三井のあゆみ

史料が語る 三井のあゆみ

江戸の豪商にはじまる三井350年の歴史

著者:三井文庫
 
三井高利

三井高利

近世日本最大の財閥三井家の始祖

著者:中田 易直
 
 

このページのトップへ