安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明治政治史の基礎過程

明治政治史の基礎過程

地方政治状況史論

明治政治史の基礎過程

県会議事録や地方新聞など膨大な史料を基に、地方政治状況の推移と、教育・産業・土木などの地方利益の生成・膨張・多様化を追及。

著者 有泉 貞夫
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042574
判型・ページ数 A5・432ページ
定価 本体13,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

明治政治史の底流である地方政治状況の推移を山梨県を中心に、県会議事録や地方新聞など膨大な史料を基に、教育・産業・土木などの地方利益の生成・膨張・多様化を軸に追及。近代地方史研究に新局面を開いた労作。

このページのトップへ