安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 後北条氏研究

後北条氏研究

後北条氏研究

3000通を越す後北条氏発給文書を縦横に駆使し、後北条氏における大名領国制の全体像を浮き彫りにした戦国史研究の名著。

著者 小和田 哲男
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042468
判型・ページ数 A5・564ページ
定価 本体15,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

駆使し、後北条氏における大名領国制の全体像を浮き彫りにした貴重な成果。特に家臣の末端としての土豪層に焦点をあて、大名領国制下の村落の実像を明示した戦国史研究の名著。

このページのトップへ

関連書籍

戦国期の村落と領主権力

戦国期の村落と領主権力

双方向的回路の視角から実態に迫る

著者:銭 静怡
 
小田原合戦と北条氏

小田原合戦と北条氏 10

秀吉政権に徹底抗戦した北条氏の興亡を描く

著者:黒田 基樹
 
 
古河公方と伊勢宗瑞

古河公方と伊勢宗瑞 6

戦国時代につながる関東の大乱期に迫る

著者:則竹 雄一
 
 

このページのトップへ