安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代東北と柵戸

古代東北と柵戸

古代東北と柵戸

支配地域拡大と未服の蝦夷対策として辺境に移住させた柵戸を中心に、奥羽2国人口の動態を追究。律令国家の東北支配の実態を考える。

著者 高橋 崇
ジャンル 日本歴史 > 古代史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042178
判型・ページ数 A5・220ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

律令国家は支配地域拡大と未服の蝦夷対策として辺境に城柵を構え、生産・防衛のため他国農民を多数移住させ柵戸とした。この柵戸を中心に据え奥羽二国人口の動態を追究し、律令国家の東北支配の実態を考える。

このページのトップへ