安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 郡司及び采女制度の研究

郡司及び采女制度の研究

郡司及び采女制度の研究

律令地方制度の成立・発展過程を郡司制度と采女制度を中心に考察。中央に偏らない新しい構想のもと、古代地方制度の体系化を試みた。

著者 磯貝 正義
ジャンル 日本歴史 > 古代史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042253
判型・ページ数 A5・436ページ
定価 本体13,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

律令地方制度の成立・発展過程を、国司ではなく、在地土豪を任用した郡司制度、並びに郡司の姉妹子女が貢進された采女制度を中心に考察し、中央に偏らない新しい構想のもとに、古代地方制度の体系化を試みた。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の郡司と天皇

日本古代の郡司と天皇

郡司・郡司制度などから古代国家像を検証

著者:磐下 徹
 
 

このページのトップへ