安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代対外関係史の研究

古代対外関係史の研究

古代対外関係史の研究

奈良平安時代の新羅・渤海・唐との外交の推移や、対外問題などを多角的に究明。古代対外関係の史的過程と特質を見通す画期的研究。

著者 鈴木 靖民
ジャンル 日本歴史 > 古代史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042284
判型・ページ数 A5・682ページ
定価 本体17,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

奈良平安時代の新羅・渤海・唐との外交の推移、対外意識、新羅・渤海の政治・社会・文化の様相、遣唐使停止期の情勢など、さまざまな対外問題を多角的に究明。古代対外関係の史的過程と特質を見通す画期的研究。

このページのトップへ