安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世交通史料集 四

近世交通史料集 四

東海道宿村大概帳

近世交通史料集 四

道中奉行が天保~安政間にその管轄下の宿駅・街道を調査、整理したもの。宿駅の戸口・高札文・人馬・賃銭等の記述は貴重な史料。

著者 児玉 幸多 校訂
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ オンデマンド版 > 近世交通史料集〔オンデマンド版〕
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642043038
判型・ページ数 A5・1040ページ
定価 本体23,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

江戸幕府の道中奉行が、天保~安政間にその管轄下の全宿駅・街道を調査、整理したもので、宿駅の戸口・高札文・人馬・賃銭等の記述は、五街道及びそれに付属する街道については欠くことのできない貴重な史料である。

このページのトップへ

関連書籍

近世史研究遺文

近世史研究遺文

六十余年に及ぶ不朽の学問体系を集大成

 
 

このページのトップへ