安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世交通史料集 七

近世交通史料集 七

飛脚関係史料

近世交通史料集 七

「嶋屋佐右衛門家声録」など江戸の代表的飛脚問屋の記録や大坂屋茂兵衛の手代の手になる「定飛脚発端旧記」など多数の史料を収録。

著者 児玉 幸多 校訂
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ オンデマンド版 > 近世交通史料集〔オンデマンド版〕
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642043069
判型・ページ数 A5・632ページ
定価 本体17,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

町飛脚に関する多数の史料を収録。「嶋屋佐右衛門家声録」など江戸の代表的飛脚問屋の記録を中心に、大坂屋茂兵衛の手代の手になる「定飛脚発端旧記」など、いずれも近世交通史研究上不可欠の基本的史料である。

このページのトップへ

関連書籍

近世史研究遺文

近世史研究遺文

六十余年に及ぶ不朽の学問体系を集大成

 
 

このページのトップへ