安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 墓の民俗学

墓の民俗学

墓の民俗学

墓とは何か。柳田民俗学や折口学などの学説を検証。遺体埋葬地点の枕石などの民俗資料を整理し、新たな民俗学研究の方法を提示する。

著者 岩田 重則
ジャンル 民俗学
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042703
判型・ページ数 A5・354ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

墓とは何か。柳田民俗学や折口学などの学説を検証する。遺体埋葬地点に置かれる枕石、魔除けの墓上鎌、墓上火などの具象化された民俗資料を地域別に整理し、共通項を抽出して分析。新たな民俗学研究の方法を提示する。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代中世の葬送と社会

日本古代中世の葬送と社会

当時の葬送の実態を明らかにし死生観に迫る

著者:島津 毅
 
 

このページのトップへ