安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 重光葵と戦後政治

重光葵と戦後政治

重光葵と戦後政治

昭和期の政治外交史上の重要人物、重光葵。1920年代から戦後に至る対外政策と政治的足跡を、政策過程の時代変化に着目して分析。

著者 武田 知己
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042604
判型・ページ数 A5・366ページ
定価 本体12,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

昭和期の政治外交史を再検討する上の重要人物である重光葵。1920年代から戦後に至る重光の対外政策と政治的足跡を、政策過程の時代変化に着目しつつ、外交理念であった「自主独立」をキーワードに分析する。

このページのトップへ