安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 封建都市

封建都市 4

封建都市

『日本商人史』中世篇をはじめ、中世神人、織豊期の豪商および楽市令に関する諸論文を収録。水陸交通・商品流通関係の論文も収める。

著者 豊田 武
ジャンル 民俗学 > 個人著作集
シリーズ オンデマンド版 > 豊田武著作集〔オンデマンド版〕
著作集 > 豊田武著作集
出版年月日 2013/12/02
ISBN 9784642042871
判型・ページ数 A5・562ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

第1編は『堺』、第2編は『中世都市論』、第3編は名著 『日本の封建都市』、第4編はその後執筆の近世都市の特質を論じた諸論文を収め、封建都市史研究を体系づけた。

このページのトップへ

関連書籍

朝河貫一と日欧中世史研究

朝河貫一と日欧中世史研究

朝河の先駆性と史学史上の意義を再評価する

 
 

このページのトップへ