安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 西郷隆盛と薩摩

西郷隆盛と薩摩

西郷隆盛と薩摩

維新の大功労者か、明治政府最大の逆賊か!加冶屋町・奄美大島などの足跡を訪ね、「薩摩の縮図」を生きた〝西郷どん〟の実像に迫る。

著者 松尾 千歳
ジャンル 日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 人をあるく
出版年月日 2014/02/14
ISBN 9784642067799
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

維新の大功労者か逆賊か/Ⅰ 西郷隆盛の履歴書―波乱の生涯、そして伝説へ(西郷隆盛登場/斉彬の薫陶/奄美大島流謫/沖永良部島流刑/西郷の召還/対立から協力へ/討幕へ/久光・大久保との決別/英雄から反逆者へ/【コラム】西郷家は貧乏だったのか?/人物相関)/Ⅱ 幕末維新と薩摩(西郷隆盛を育んだ薩摩/島津家と近衛家・徳川家/琉球外交問題とお遊羅騒動/順聖院様御深志/近代国家の樹立を目指して/鹿児島県の特殊性/【コラム】薩摩隼人は大きかった)/Ⅲ 西郷隆盛を歩く(西郷隆盛生誕地/城山・西郷洞窟・終焉の地・私学校跡/南洲墓地・南洲神社/仙巌園・集成館跡/西郷隆盛蘇生の家/龍郷 西郷隆盛謫居跡/沖永良部島 西郷隆盛謫居跡/熊本城/田原坂古戦場)/略年表

このページのトップへ

内容説明

維新の大功労者で、明治政府最大の逆賊となった西郷隆盛。その生涯は、武士が武士の世を終わらせ新政府を樹立させるも、その矛盾に苦しみ反旗を翻した薩摩の縮図でもあった。鹿児島・熊本などの足跡を辿り実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

西南戦争の考古学的研究

西南戦争の考古学的研究

両軍の兵力・装備など初めて考古学的に探究

著者:高橋 信武
 
明治維新と国家形成

明治維新と国家形成

明治維新の様相を新視角に立ち究明

著者:青山 忠正
 
 
大久保利通と東アジア

大久保利通と東アジア 419

“大久保政権”がめざしたものとは?

著者:勝田 政治
 
西南戦争と西郷隆盛

西南戦争と西郷隆盛 18

西南戦争は近代日本に何をもたらしたのか?

著者:落合 弘樹
 
 
西郷隆盛と士族

西郷隆盛と士族 4

英雄~反逆者へ。人間西郷の魅力と悲劇描く

著者:落合 弘樹
 
西郷隆盛

西郷隆盛

維新三傑の一。薩南に散華する波瀾の生涯

著者:田中 惣五郎
 
 
西南戦争

西南戦争 253

西郷はなぜ蜂起したか。兵士・民衆の7ヶ月

著者:猪飼 隆明
 
 

このページのトップへ