安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 永青文庫叢書 細川家文書 故実・武芸編

永青文庫叢書 細川家文書 故実・武芸編

永青文庫叢書 細川家文書 故実・武芸編

軍陣の作法、太刀・鎧の製法…。大名家の体面や格式、儀式行事のために必須の知識として蓄積された故実資料132点をカラーで収載。

著者 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 永青文庫叢書
出版年月日 2014/02/10
ISBN 9784642014151
判型・ページ数 A4・272ページ
定価 本体22,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序文…吉丸良治/例言/図版編(細川藩故実の成立と展開/細川忠利の武芸相伝/細川忠利・光尚の軍法相伝/細川家武具甲冑故実)/翻刻編(細川忠利の武芸相伝/細川忠利・光尚の軍法相伝/細川家略系図/参考資料)/解説編(永青文庫所蔵の故実・武芸関係資料…高濱州賀子)/跋文…甲元眞之/収録史料目録

このページのトップへ

内容説明

弓馬の記、軍陣の作法、太刀・鎧・具足・装束の製法、出産・元服・婚礼の方式などは、大名家の体面や格式、儀式行事のために必須の知識として蓄積された。故実・武芸資料132点を厳選しカラーで収載する。年代比定や筆者の特定を行うとともに、細川幽斎・忠利らの故実資料が誰から相伝され、誰に受け継がれていったか、その道筋を解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

日本近世の領国地域社会

日本近世の領国地域社会

200年以上の展開過程を追究する

 
 
永青文庫叢書 細川家文書 近世初期編

永青文庫叢書 細川家文書 近世初期編

元和7年以降の発給文書など261点を収録

 
 
永青文庫叢書 細川家文書 中世編

永青文庫叢書 細川家文書 中世編

細川家一門の室町期文書260点を完全収録

 
 

このページのトップへ