安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奥州藤原氏と平泉

奥州藤原氏と平泉

奥州藤原氏と平泉

なぜ浄土を求め、そして滅んだのか。繰り返された戦争、都市平泉の実像、義経の亡命など、東北の風土とともに生きた4代の100年。

著者 岡本 公樹
ジャンル 日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 人をあるく
出版年月日 2014/03/12
ISBN 9784642067805
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

平泉―黄金と浄土の都/Ⅰ 奥州藤原氏四代の履歴書(初代清衡/二代基衡/三代秀衡/四代泰衡/【コラム】四代の死亡診断書)/Ⅱ 都市平泉の実像(都市の「顔」/御館の住む平泉館/平泉の「かたち」と「くらし」/【コラム】平泉と浄土信仰)/Ⅲ 奥州藤原氏の戦争(前九年合戦/後三年合戦―正統はだれか/奥州合戦/平泉の滅亡)/Ⅳ 奥州藤原氏の平泉を歩く(中尊寺と金色堂/金色堂/聖なる里山、金鶏山/毛越寺―現世に現れた浄土世界/夕日の沈む光あふれる無量光院/ニュータウン「衣川」北岸)/【コラム】平泉の地名の由来は/略年表

このページのトップへ

内容説明

みちのく平泉に黄金と浄土の都を築いた奥州藤原氏。東北最強の武士は、なぜ浄土を求め、そして滅んだのか。繰り返された戦争、都市平泉の実像、義経の亡命など、東北の風土とともに生きた4代100年の物語を再現。

このページのトップへ

関連書籍

源 頼義

源 頼義 289

義家・頼朝へと続く河内源氏二代目の実像!

著者:元木 泰雄
 
頼朝と街道

頼朝と街道 435

幕府成立期に街道が果たした役割を解明する

著者:木村 茂光
 
 
前九年・後三年合戦と兵の時代

前九年・後三年合戦と兵の時代 5

“源氏史観”ではない新たな東北の古代史

著者:樋口 知志
 
平泉の光芒

平泉の光芒 1

中世東北の幕開け。シリーズ全5巻刊行開始

著者:柳原 敏昭
 
 
源義経と壇ノ浦

源義経と壇ノ浦

〝軍略家〟義経の戦いの秘密とは?

著者:前川 佳代
 
奥州藤原氏

奥州藤原氏

みちのく平泉に眠る清衡ら四代の栄光と落日

著者:高橋 富雄
 
 
奥州藤原氏四代

奥州藤原氏四代

清衡以下四代の事蹟とその興亡の跡を解明

著者:高橋 富雄
 
平泉と奥州道中

平泉と奥州道中 7

陸前北部の多彩な歴史と文化を再発見

 
 
奥州藤原氏と柳之御所跡

奥州藤原氏と柳之御所跡

秀衡の館跡を検討し中世都市平泉を見直す

著者:平泉文化研究会
 
東北の争乱と奥州合戦

東北の争乱と奥州合戦 5

東北と源氏の戦争の全貌に迫る

著者:関 幸彦
 
 
源義経

源義経

物語・伝説を排除し描き出された真実の姿

著者:渡辺 保
 
源義経

源義経 223

平家を滅ぼした英雄伝。失脚の真相に迫る

著者:元木 泰雄
 
 
奥州藤原史料

奥州藤原史料 2

奥州平定までの古代後期東北関連史料を収載

 
 

このページのトップへ