安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本中世百姓成立史論

日本中世百姓成立史論

日本中世百姓成立史論

上申文書の形式や身分呼称の変遷を分析し、百姓の成立過程に迫る。また、「御成敗式目」四二条を読み直し、新たな中世史像を展望。

著者 木村 茂光
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2014/04/08
ISBN 9784642029193
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/序 日本中世史像の現在(はじめに―日本史研究会の頃〈「時代像」を描けない時代/中世史像を考える―在地領主制論と百姓論の狭間で/王朝国家と在地領主的展開/延久荘園整理令の意義/王朝国家期以後への展望/補論 百姓身分論争〉/Ⅰ 住人等解と住人身分(成立期「住人等解」の性格について/成立期「住人等解」と「住人」/「住人等解」の基礎的考察/「住人」身分の成立と「公」性)/Ⅱ 百姓と百姓等申状(中世百姓の成立/「御成敗式目」四二条と中世百姓/「浪人招寄せ」・「移動の自由」と中世百姓/「百姓等申状」覚書)/Ⅲ 解と申状(平安前・中期における「解」の性格/申状の系譜)

このページのトップへ

内容説明

中世における「百姓」身分はいかに成立したのか。解状・申状など上申文書の形式や身分呼称の変遷の分析と、国家的負担と民衆闘争とのせめぎ合いのなかから、「百姓」の成立過程を論じる。さらに、「御成敗式目」四二条を読み直し、百姓身分と百姓のイエの歴史的特質を考察。四半世紀にわたる研究の成果を集成し、新たな中世史像を展望する注目の書。

このページのトップへ

関連書籍

闘いを記憶する百姓たち

闘いを記憶する百姓たち 454

領主や幕府に訴えをなす民衆が主人公の歴史

著者:八鍬 友広
 
日本中世の権力と地域社会

日本中世の権力と地域社会

権力と地域社会をテーマにした論考8編

著者:木村 茂光
 
 
中世社会の成り立ち

中世社会の成り立ち 1

中世は「武士の世」だったのか?

著者:木村 茂光
 
日本農業史

日本農業史

古来、日本の農業は多様で豊かだった!

著者:木村 茂光
 
 

このページのトップへ