安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 開国と条約締結

開国と条約締結 70

開国と条約締結

異国船来航で揺れる江戸幕府の対外方針“大号令”を再検証。「開国」に至る「鎖国」の崩壊過程を辿り、対外政策決定までを解明する。

著者 麓 慎一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書  > 近世
出版年月日 2014/04/24
ISBN 9784642066693
判型・ページ数 4-6・298ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/ペリーの来航と幕府の対応(ペリーの来航/幕府の対応/書翰の受け取りと徳川斉昭の登用/ペリーの再来への対応)/プチャーチンの来航と幕府の対応(プチャーチン来航/プチャーチンへの訓令/幕府の対応)/幕府の対外方針(「大号令」の作成過程/ロシア方針/「大号令」案の審議/露使応接掛の派遣/「大号令」の発布/長崎交渉と成果)/アメリカ条約とイギリス条約の締結(ペリーの再来/幕府の評議/条約の締結/アメリカ条約の締結後/スターリングの来航)/ロシア条約の締結とアメリカ条約の批准(プチャーチンの再来/アメリカ条約の批准/ロシア条約の締結)/アメリカ条約締結後の日米関係(「下田三箇条」問題/「下田三箇条」の評議と決議/ハリスの到来)/おわりに

このページのトップへ

内容説明

幕末、アメリカのペリーやロシアのプチャーチンが来航した際、老中をはじめとする幕閣や幕吏は、御三家・雄藩らといかなる議論を行ない、欧米諸国との条約を締結したのか。これまで幕府の対外政策を低く評価する根拠になっていた〝大号令〟を再検証する。「開国」にいたる「鎖国」の崩壊過程をたどり、対外政策決定のメカニズムを明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

幕末日本と対外戦争の危機

幕末日本と対外戦争の危機 289

欧米列強vs日本。迫り来る全面戦争の危機

著者:保谷 徹
 
ロシア人の見た幕末日本

ロシア人の見た幕末日本

初代露領事の見聞録から露外交の真実を解く

著者:伊藤 一哉
 
 
幕末期対外関係の研究

幕末期対外関係の研究

阿部正弘政権を中心に、政策の連続性を解明

著者:上白石 実
 
開国と幕末の動乱

開国と幕末の動乱 20

さまざまな視点から描く近代日本誕生の諸相

著者:井上 勲
 
 
日本開国史

日本開国史

世界史の中に〈日本開国〉を位置づけた名著

著者:石井 孝
 
幕末の海防戦略

幕末の海防戦略 312

「海禁」を守る幕府から、海防の本質に迫る

著者:上白石 実
 
 
ペリー来航

ペリー来航 62

未曾有の危機に直面した日本の経験と知恵

著者:三谷 博
 
明治維新

明治維新 6

黒船来航から西南戦争まで、新視点で描く

著者:青山 忠正
 
 
近代化する日本

近代化する日本 7

「開港」後の日本と世界のかかわりを描く

 
〈通訳〉たちの幕末維新

〈通訳〉たちの幕末維新

語学力で激動の時代を生き抜いた姿を追う

著者:木村 直樹
 
 

このページのトップへ