安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 消されたマッカーサーの戦い

消されたマッカーサーの戦い

日本人に刷り込まれた〈太平洋戦争史〉

消されたマッカーサーの戦い

マッカーサーの島嶼戦が除外され、GHQ内に対立を招いた太平洋戦争史。その確執から生じた「マッカーサーレポート」を検証する。

著者 田中 宏巳
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2014/07/25
ISBN 9784642082570
判型・ページ数 4-6・252ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/Ⅰ 想定されなかった「島嶼戦」(島嶼戦とは何か/米軍と日本軍の島嶼戦〈マッカーサーの島嶼戦/ニミッツの島嶼戦との比較/統帥権に縛られた日本の島嶼戦/航空戦に支配された島嶼戦/新米機動部隊の登場は島嶼戦にとって代わったか〉)/CI&Eの『太平洋戦争史』と「真相箱」(「太平洋戦争史」の発表/「真相はこうだ」と「真相箱」〈「真相はこうだ」の追い打ち/「真相箱」の製作/「真相箱」の問題点〉以下細目略)/Ⅲ G2歴史課が編纂した戦史(ウィロビーの戦史編纂の動き/G2歴史課の設置/日本側の資料収集態勢/『マッカーサーレポート』の刊行/『マッカーサーレポート』の検証)/おわりに

このページのトップへ

内容説明

敗戦直後、アメリカが創り出し、日本人に刷り込まれた米海軍中心の〈太平洋戦争史〉。だが、南西太平洋で死闘を続けたマッカーサーの戦いがそこから除外されたため、GHQ内部に編集をめぐる対立を招いた。この確執の中、旧日本軍将校を巻き込み編纂された「マッカーサーレポート」を検証。戦後日本人を支配してきた太平洋戦争史の呪縛を解き放つ。

 【編集者の眼】
毎年、八月になると戦争を扱った映画やドラマが放映される。真珠湾攻撃、ミッドウェイ海戦、硫黄島の戦い、沖縄戦……。太平洋戦争というと、多くの人たちがニミッツ麾下の空母機動部隊と日本海軍との華々しい戦いを思い浮かべると思う。
しかし、真に太平洋戦争の勝ち負けを決したのは、そうした海軍による決戦ではない。マッカーサーによる二年三ヵ月間にもおよぶニューギニア戦に代表される南太平洋の島嶼での消耗戦によるものであった。それなのになぜ、その勝敗を左右したマッカーサーの戦いがあまり知られていないのか。
連合国軍最高司令官マッカーサーの権力の拡大を望まないワシントンの米国政府の意向を受けて編纂された『太平洋戦争史』観の刷り込み。それに対抗し編纂した『マッカーサーレポート』とそれに参加した旧日本軍将校たちの思惑。戦後七十年が経ち、戦争経験者が少なくなってきた今、太平洋戦争を新たな視点から紐解いてみてはいかがだろう。(樹)

このページのトップへ

関連書籍

アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
占領から独立へ

占領から独立へ 1

講和と安全保障をめぐる戦後8年を描く

著者:楠 綾子
 
 
戦後改革と逆コース

戦後改革と逆コース 26

占領期を再検討。現代日本誕生の道筋を探る

著者:吉田 裕
 
近代日本の転機 昭和・平成編

近代日本の転機 昭和・平成編

世界恐慌~地下鉄サリンまで32の転換点

著者:鳥海 靖
 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
 
太平洋戦争と歴史学

太平洋戦争と歴史学 77

群像を通して歴史学の社会的責任を考える

著者:阿部 猛
 
 

このページのトップへ