安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦争に隠された「震度7」

戦争に隠された「震度7」

1944東南海地震・1945三河地震

戦争に隠された「震度7」

厳しい報道規制のなかで、地元新聞社の果たした役割を考察。被災者の体験談を紹介し、防災教育の促進と意識の向上を呼びかける。

著者 木村 玲欧
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2014/07/15
ISBN 9784642082563
判型・ページ数 A5・202ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/地震はいかにして隠されたのか(東南海地震〈震度と人的被害/物的被害/津波被害/復旧・復興に向けての対策〉/三河地震〈地震の特徴/人的被害と家屋被害/東南海地震の影響/前震への対応/地震発生後の対応/避難生活と住宅再建/仕事・産業への影響〉以下細目略/政府の情報管理)/どのように報道されたのか(報道管制/報道の軌跡)/正確な災害情報を得るには(重要な被害者体験談/小学二年生の体験談/津波被害をどう防ぐのか)/物語『稲むらの火』がもたらしたもの(漁師の体験談/『稲むらの火』)/過去の災害の教訓をどう生かすか(銃後の女性の体験談/関東大震災からの教訓)/知っておきたい情報とは(農家の体験談/地域と災害情報)/災害の経験を次世代につなぐ(防災教育の素材/防災教育の実践と効果)

このページのトップへ

内容説明

太平洋戦争末期、東海地方を襲った二つの巨大地震。軍事機密の漏洩や戦意喪失防止のため、被害状況に関する報道が厳しく規制されるなか、被災地の有力紙=中部日本新聞は何をどのように伝えたのか。全国紙と比較しつつ、地元新聞社の果たした役割を考察。被災者たちの貴重な体験談を挿絵とともに紹介し、防災教育の促進と意識の向上を呼びかける。

 

【編集者の眼】
本書は、太平洋戦争末期に東海地方に発生した二つの巨大地震の全体像を、「人間や社会の視点から明らかにしようとした」ものである。被災者、地元自治体、報道機関、そして政府は厳しい局面を迎えるなか、どのように対応し、行動したのか。
カバーをはじめ、本書には当時の中部日本新聞(現中日新聞)の記事を数点掲載している。情報漏洩・戦意喪失防止のため、事実とは異なる報道をせざるをえない状況であったが、やがて人心の安定をはかるため、復旧・復興に関する内容も伝えるようになる。印象的なのは、愛知県による半壊以上の罹災者で子どものいる家庭へ一円分の絵本の支給があった記事だ。本書は数人の被災者インタビューを紹介しているが、当時は幼い子どもであった方もいる。災害が与える不安、恐怖は大人以上に感じ取ることもあるだろう。軍需優先のなかで右のような市民への救済策がさまざまに講じられていた様子もうかがえ、わずかな救いも感じた。(音)

 

このページのトップへ

関連書籍

日本歴史災害事典

日本歴史災害事典

貞観年間~東日本大震災。最新成果を結集

 
日本災害史

日本災害史

人々はいかに災害を乗り越えてきたのか?

著者:北原 糸子
 
 
災害復興の日本史

災害復興の日本史 361

噴火・震災…古記録が語る大災害からの復興

著者:安田 政彦
 
写真集 関東大震災

写真集 関東大震災

700枚の写真でよみがえる大震災の真実

著者:北原 糸子
 
 
関東大震災を歩く

関東大震災を歩く

慰霊、鎮魂、復興!受難と再生の記憶を辿る

著者:武村 雅之
 
関東大震災と戒厳令

関東大震災と戒厳令 162

政府が隠し続けた震災と虐殺の真実

著者:松尾 章一
 
 
津波災害と近代日本

津波災害と近代日本

近代日本を襲った津波災害から何を学ぶのか

著者:北原 糸子
 
 

このページのトップへ