安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

海軍将校たちの太平洋戦争

国家エリートの彼らはなぜ無謀な戦争を実行したのか。「合理的」な決定を目指した思考に迫り、現代にも通じる組織のあり方を考える。

著者 手嶋 泰伸
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2014/07/22
ISBN 9784642057837
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

パラドックスとしての太平洋戦争―プロローグ/海軍の内と外―海軍と政治(海軍の政治的特徴/日独伊三国同盟)/開戦―海軍のジレンマ(なぜ戦争は起きたのか/「帝国国策遂行要領」と海軍の意識構造/海軍のジレンマと第三次近衛内閣/東条内閣と海軍の開戦決意)/作戦―海軍の戦略・戦術構造(序盤の勝利と蹉跌/敗勢の中で)/終戦―海軍にとっての「政治」(東条内閣の倒閣/小磯内閣での決戦の模索/対ソ和平交渉/ポツダム宣言の受諾)/敗戦に何を学ぶか―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

悲惨な結末の道を辿ったアジア・太平洋戦争。国家のエリートとして養成された海軍将校たちはなぜ無謀な戦争を実行したのか。陸軍の暴走を抑止できなかった海軍の姿勢を検討し、三国同盟や対米開戦、作戦遂行における意思決定過程を追う。「合理的」な決定を目指しながら、結果的に犠牲を生んだ彼らの思考に迫り、現代にも通じる組織のあり方を考える。

編集者の眼 “軍隊”という組織について

いわゆる「海軍善玉論」によると、海軍は平和主義であり、冷静に国際情勢を分析しながらも、強硬な陸軍の暴走を止められなかったとされてきた。しかし戦争の重要物資である石油禁輸により、劣勢が明らかであったにも関わらず、なぜ開戦を止められなかったのか、大きな疑問は残る。本書を読んでみると、「軍隊とは戦争をするために、装備を固め訓練する組織」であって、開戦がせまってくると、「負けるから出来ません」とは言えないという当たり前の事実がよく分かる。ここから得る教訓は、自衛隊という組織もまた、戦争が起こるときのために日々訓練し、最新装備を備えている“戦争をする機械”であるということである。平和を保つためにこそ、軍事について学ぶ必要があることを思い知らされる。

このページのトップへ

関連書籍

戦間期の日本海軍と統帥権

戦間期の日本海軍と統帥権

軍令部の構造変化などを分析し特質を究明

著者:太田 久元
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
 
大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
 
日本海軍史の研究

日本海軍史の研究

海軍の日本的体質はいかに養われたのか

著者:海軍史研究会
 
日本海軍史

日本海軍史

海戦の戦術などを分析し80年の歴史を描く

著者:外山 三郎
 
 
日本海軍の歴史

日本海軍の歴史

戦略に着目し、日本海軍興亡史を解明

著者:野村 実
 
昭和戦時期の海軍と政治

昭和戦時期の海軍と政治

対米戦開始、終戦決定に果たした役割を探る

著者:手嶋 泰伸
 
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
東郷平八郎

東郷平八郎

日本海海戦の英雄の実像と史実に迫る!

著者:田中 宏巳
 
 
山本五十六

山本五十六 264

日本連合艦隊司令長官。“名提督”の実像!

著者:田中 宏巳
 
秋山真之

秋山真之 237

『坂の上の雲』に描かれた明治の実像と生涯

著者:田中 宏巳
 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
近代日本の転機 昭和・平成編

近代日本の転機 昭和・平成編

世界恐慌~地下鉄サリンまで32の転換点

著者:鳥海 靖
 
 
事典 昭和戦前期の日本

事典 昭和戦前期の日本

昭和戦前期を理解する上での基礎知識を提供

著者:伊藤 隆
百瀬 孝
 
 

このページのトップへ