安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 工芸とナショナリズムの近代

工芸とナショナリズムの近代

「日本的なもの」の創出

工芸とナショナリズムの近代

なぜ〈工芸〉は生まれたのか。桃山復興、戦後の「伝統工芸」復活など、歴史的展開を辿り、近代ナショナリズムとの関係を問い直す。

著者 木田 拓也
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
美術史 > 日本美術史
出版年月日 2014/07/25
ISBN 9784642038355
判型・ページ数 A5・256ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ 工芸における「ナショナリズム」と「伝統」/Ⅰ 「工芸」ジャンルの形成―明治二十年代のナショナリズムを背景として(「工芸」という曖昧なジャンル―「工芸」と「工業」/「美術工芸」の創出―帝国博物館の分類体系/「工芸」というジャンルの成立―明治二十年代/殖産興業から技芸保護へ―帝室技芸員制度/「美術工芸」による国威発揚―シカゴ博とパリ万博)以下細目略/Ⅱ 「帝国」日本における工芸とナショナリズム―アジアへのまなざし/Ⅲ 工芸における「日本的なもの」―国家主義時代の工芸史観を背景に/Ⅳ 戦後の日米文化交流のなかの工芸―冷戦を背景に/Ⅴ 「伝統工芸」の成立―無形文化財制度と戦後ナショナリズム/Ⅵ 工芸館の誕生―「伝統工芸の殿堂」として/図表目録

このページのトップへ

内容説明

明治20年代、〈美術〉に対抗する概念として成立した〈工芸〉。帝展の工芸部門開設と「新古典派」の出現、戦時体制下における桃山復興、占領統治下の工芸の輸出と日米文化交流、昭和30年代の「伝統工芸」の成立など、その歴史的展開を辿る。誕生以来、工芸の存立を支えてきた制度や価値体系をてがかりに、近代ナショナリズムとの関係を問い直す。

このページのトップへ

関連書籍

百貨店で〈趣味〉を買う

百貨店で〈趣味〉を買う

百貨店創出の「良い趣味」の大衆化を探る

著者:神野 由紀
 
〈日本美術〉の発見

〈日本美術〉の発見 317

岡倉天心ら、古物保存に献身した人々の物語

著者:吉田 千鶴子
 
 
美術のアイデンティティー

美術のアイデンティティー

日本美術の〝いま〟を考える

著者:佐藤 道信
 
明治国家と近代美術

明治国家と近代美術

近代日本にとって“美”とは何か?

著者:佐藤 道信
 
 
岡倉天心 思想と行動

岡倉天心 思想と行動

多様な面から彼を再評価し、新知見を提示

 
 
日本の美術

日本の美術

日本美術の心と造形を詩情豊かに語りつくす

著者:田中 日佐夫
 
概説日本美術史

概説日本美術史

類書と異なり具体的様式の史的展開を重視

著者:町田 甲一
 
 
日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術全般を平易に解説した入門書

著者:久野 健
持丸 一夫
 
 

このページのトップへ