安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 首相になれなかった男たち

首相になれなかった男たち

井上馨・床次竹二郎・河野一郎

首相になれなかった男たち

なぜ、彼らは首相の座を逃したのか。実力と政治的基盤をそなえながら、あと一歩で総理に届かなかった不運な政治家の光と陰を描く。

著者 村瀬 信一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2014/08/25
ISBN 9784642038362
判型・ページ数 4-6・408ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに―「不運」の物語/Ⅰ 井上馨―「電光伯」の悲哀(苦闘の幕末/明治新政府への出仕/元勲級指導者への道/立憲政治の中で/盟友明暗/ただひとたびの機会/埋もれたもの)/Ⅱ 床次竹二郎―「ポスト原」の彷徨(薩摩から官界へ/政友会入り/ポスト原のゆくえ/迷走/政友会への復帰/彷徨の果て)/Ⅲ 河野一郎―「実力者」の隘路(生い立ち/新聞記者から政界へ/鳩山一郎との出会い/吉田茂との闘争/日ソ国交回復交渉―「実力者」への道/暗転/政権に近づいた日/唐突な終焉/おわりに―「不運」の実像

このページのトップへ

内容説明

なぜ、彼らは首相の座を逃したのか―。華々しい経歴に恵まれつつ組閣寸前で断念した井上馨(かおる)。原内閣の後継として政権への執念を燃やすも夢敗れた床(とこ)次(なみ)竹二郎。自民党の実力者として重きをなしながら挫折した河野(こうの)一郎。総理大臣にあと一歩届かなかった三人の男たち。時代背景や好敵手たちとの熾烈な権力闘争、その政治家としての人生の光と陰を描く。

このページのトップへ

関連書籍

占領から独立へ

占領から独立へ 1

講和と安全保障をめぐる戦後8年を描く

著者:楠 綾子
 
独立完成への苦闘

独立完成への苦闘 2

吉田茂・鳩山一郎・岸信介らの苦闘を追う

著者:池田 慎太郎
 
 
緒方竹虎

緒方竹虎 229

戦後の55年体制の礎を築いた政治家の伝

著者:栗田 直樹
 
大正社会と改造の潮流

大正社会と改造の潮流 24

日本の改造を目指した一大転換期

著者:季武 嘉也
 
 
アジアの帝国国家

アジアの帝国国家 23

近代日本が歩んだ「帝国国家」への道程

著者:小風 秀雅
 
自由民権と近代社会

自由民権と近代社会 22

伝統社会と近代化の間で揺れる民衆を照射

著者:新井 勝紘
 
 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
 

このページのトップへ