安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ここだけは見ておきたい 東京の近代建築Ⅱ

ここだけは見ておきたい 東京の近代建築Ⅱ

23区東部と下町

ここだけは見ておきたい 東京の近代建築Ⅱ

日本銀行本店・築地本願寺・東京大学正門・自由学園明日館・清澄庭園…。建築観察の達人がナビゲイトする「まち歩き」ガイド第2弾。

著者 小林 一郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
出版年月日 2014/08/29
ISBN 9784642082525
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/日本橋・銀座・築地エリア(日本銀行本店/三井本館/日本橋/明治屋京橋ビル/奥野ビル/築地本願寺/カトリック築地教会/勝鬨橋)/本郷エリア(東京大学安田講堂/東京大学正門・門衛所/東京大学赤門/東京大学龍岡門/東京大学野球場/求道会館/旧安田楠雄邸/元町公園)/上野エリア(東京国立博物館本館/東京国立博物館表慶館/旧京成博物館動物園駅/国立国会図書館 国際子ども図書館/黒田記念館/東京藝術大学赤煉瓦一号館/国立西洋美術館/東京文化会館/旧岩崎家住宅)/雑司が谷・池袋エリア(鳩山会館/雑司が谷旧宣教師館/自由学園明日館)/王子エリア(中央公園文化センター/晩香蘆と青淵文庫/旧古河庭園)/本所・深川エリア(旧安田庭園と両国公会堂/清洲橋)/水門/看板建築(水門・閘門・陸閘/看板建築)/建築史略年表/たてもの探訪データ

このページのトップへ

内容説明

独特の“手のぬくもり”がある明治・大正・昭和のたてものが、いま姿を消しつつある。日本銀行本店・築地本願寺・東京大学正門・自由学園明日館・清澄庭園…。建築観察の達人がナビゲーターとなり、東京の東部に残るすぐれた近代建築を巡りその魅力を紹介。たてものに込められた人々の想い、都市や社会、暮らしの変遷を感じる「まち歩き」ガイド。

このページのトップへ

関連書籍

みる・よむ・あるく 東京の歴史 1

みる・よむ・あるく 東京の歴史 1

人びとの暮らしや社会の動きを中心に描く

 
ここだけは見ておきたい東京の近代建築Ⅰ

ここだけは見ておきたい東京の近代建築Ⅰ

建築観察の達人がすぐれた建築の魅力を紹介

著者:小林 一郎
 
 
明治の皇室建築

明治の皇室建築 263

近代天皇の住まいはいかに造られたのか

著者:小沢 朝江
 
植民地建築紀行

植民地建築紀行 330

負の遺産から文化財へ。歴史的意味を考える

著者:西澤 泰彦
 
 
日本住居史

日本住居史

弥生人の集落から「2DK」の現代まで

 
 

このページのトップへ